隣の席の子が突然いなくなった『あの日』 震災の記憶受け継ぎ、未来につなぐ

grape

2018/1/17 14:37

兵庫県南部を中心に発生した、阪神・淡路大震災。6400人を超える人が亡くなり、多くの被害をもたらしました。

23年の時が経った、2018年1月17日早朝。被災各地で黙とうが行われる様子を、各メディアが報じています。

震災を忘れないために

震災による被災者や遺族者にとっては、忘れることのできない『あの日』。

しかし、長い月日が経ち、阪神・淡路大震災を知らない世代が増えてきているのも事実です。

2017年の終わりごろ、神戸市内では、犠牲者たちの名前が刻まれたモニュメントのうち、2か所が傷つけられるという被害が発覚しました。

一部の人による心ない振る舞いに、怒りと悲しみの声が寄せられるいっぽう、震災の記憶を継承していくことの難しさを指摘する声も。

震災を知らない子どもたちに、震災の恐ろしさを伝え、命の大切さを知ってもらうために、私たちはどうすればいいのでしょうか。

子どもたちに伝えていくために

震災を知らない子どもたちに、ぜひ読んでもらいたい1冊をご紹介します。

阪神・淡路大震災をテーマに書かれた絵本『ゆずちゃん』。

震災で命を奪われた少女・ゆずちゃんのことを、クラスメイトであるたいちくんの視点から描いています。

「風船屋さんになって、みんなに希望や勇気を与えたい」

そんな夢を持った女の子・ゆずちゃんと、席が隣同士だった、たいちくん。

いつもと変わらぬ日常が、当たり前のようにやってくると信じていた少年は、突然の震災による同級生の死に、何を感じ、どう向き合うのでしょう。

『ゆずちゃん』を始め、阪神・淡路大震災を扱った絵本は、ほかにもたくさんあります。

それらを紹介し、読み聞かせをすることが、継承の一歩となり得るかもしれません。

震災により奪われた、たくさんの尊い命を悼むと共に、私たちが感じたさまざまな思いを、次の世代に受け継いでいくこと。

私たち一人ひとりの行動は、これから生まれる多くの命を守ることにも、つながっていくはずです。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ