久住小春「心配な気持ちがありつつ、すごくワクワク」舞台“おお振り”で監督役挑戦!

ザテレビジョン

2018/1/16 10:00

モーニング娘。の元人気メンバー・久住小春が、2月2日(金)に、東京・池袋サンシャイン劇場で幕を開ける舞台「おおきく振りかぶって」で久々の舞台に挑戦!

同作は、2003年より「月刊アフタヌーン」にて連載されているひぐちアサ原作の同名漫画を舞台化したもので、久住は主人公・三橋廉(西銘駿)が通う西浦高校野球部の監督・百枝まりあを演じる。

昨年は大胆露出に挑戦した写真集「moment」のリリースや、「女囚セブン」での艶やかな舞妓(まいこ)役、そして大ヒットドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)でのちょっぴり腹黒なナース姿も話題を集めた久住。

そんな彼女にインタビューを行い、舞台への意気込みや今の心境、写真集について、そしてプライベートな部分まで幅広く聞いた。

――有名な原作の舞台版に出ることが決まった時の感想は?

野球をテーマにしたお芝居って、どんな感じなんだろうと思いました。原作ありきの作品ということで、キャラクターに似せていくことが大切なのかなと。私自身、野球をやった経験がないので不安が大きかったです。

――原作の世界観については?

最初に漫画を読んだ時は、正直難しいなと思いました。野球のルールを知らないので…。なかなか話の内容が頭に入って来なかったです。

登場人物の性格や人間関係などは分かりやすいんですけど、野球というスポーツを理解することに苦労しました。今回の舞台は、原作ファンの期待が大きい作品。ちゃんとできるかどうか心配な気持ちがありつつ、すごくワクワクしている自分もいます。

――野球とは、全く無縁だったのですか?

兄が野球をやっていましたけど、私はほとんど見に行ったことがありません。未知の世界です(笑)。

――自身が演じる百枝まりあは、どんな人物?

野球部の監督ということもあって、みんなを引っ張っていく姉御っぽい女性。私にとっては、初めてに近い役柄ですね。自分とは違うタイプで、男勝りのイメージがあります。

原作のキャラクターに寄せていきたいですけど、生身の人間が演じるので100%再現するのは難しい。

似せることを心掛けながら、こういう人って本当にいるかもしれないと思ってもらえるようなお芝居ができたらと思っています。

――劇中では、野球のユニホームを着るんですよね?

はい! 初めて着ました。決してなじんではいないと思うんですけど、自分の中では妙にしっくりきました。

――監督ですから、バットを持つシーンもあるんですよね?

いっぱいあるわけではないですけど、ポイント、ポイントでバットを振るシーンがありますね。

――キャッチャーフライを打つ場面もあると聞きました。

そうなんですよ。どうしましょう…かなり、危ないですよね(笑)。バットがスポッと手から離れて飛んでいかないか心配です。かなり練習しないとダメですね。

しかも、百枝監督は左投げ、左打ちなんですよ。私は右利きなので、違和感がないようにしっかりと動きを覚えたいです。

――本番に向けて、稽古期間中にやっておきたいことは?

稽古前は、いつもドキドキするんです。始まってしまえば、やることが決まっているからいいんですけど、なぜか緊張しちゃうんです。常に思っていることは、せりふを早く覚えること。その方が、いろいろと考える時間ができるからいいんです。

せりふと動きを覚えた上で何かプラスアルファしたり、もう少しキャラクターに寄せていったりとか、いろいろ調整できるから安心できますね。

あとは、共演者の方のお芝居を見ながら、どういう声のトーンがいいのかなど、考えながら役を作っていきたいです。

――舞台は生ものと言われたりしますが、公演中に少しずつ変化することも?

作品によると思うんですけど、今回はどうなんでしょうね。役柄で遊べるかどうかは、始まってみないと分かりません。

――共演者からアドリブが飛び出しても「ドクターX~外科医・大門未知子~」で鍛えられているから大丈夫ですかね?(笑)

確かにそうですね(笑)。私自身が輪の中に参加していなくても、その空間にいるだけですごく勉強になりました。

――劇団キャラメルボックスの成井豊さんが、脚本と演出を担当されている点も見どころの一つですね。

成井豊さんの作品ということで、楽しみにしていらっしゃる方が多いという声をたくさん聞いています。漫画&アニメが原作だけどリアリティーを追求するような作品になるのかなと。

原作を知らない人も楽しめるだろうし、演劇ファンも満足できる世界観をお届けできると思います。今回、初めて成井さんとご一緒するので、私自身も楽しみです。

――公式PROFILEを拝見したんですけど、ローフードマスターやダイエットマスター1・2級の資格を持っているんですね。

一時期、すごくハマりました。何か一つのモノを極めるのが好きなので、どちらも資格を取りました。今でも美容には興味があります。

ローフードは海外のモデルさんたちに人気があって、できるだけ生のモノを食べましょうという美容法。加熱したものより、酵素を効果的に摂取できるんですよ。日本でもはやりましたよね。

――普段はどんな食生活なんですか?

ものすごくストイックというわけではありません。ローフードマスターもダイエットマスターも、知識として持っているという感じ。

日常生活の中で、ちょっと絞りたいなと思った時に取り入れると効果があるんです。だから、ローフードは野菜が基本なんですけど、お肉も大好きでよく食べていますよ。

――まだまだ寒い日が続きますけど、冬に食べたくなるものは?

冬は辛いものが食べたくなります。火鍋とか蒙古タンメンとか。激辛まで行ってしまうと厳しいですけど、ある程度の辛さだったら大丈夫です。体が温まりますからね。

――間食をすることは?

よくしますよ(笑)。ドラマや舞台の現場には差し入れがいっぱいあるので、ついつい手が伸びてしまいます。どれもおいしいんですけど、特にチョコレートが大好き。中にクリームが入っていたり、その一個にいろいろなこだわりが詰まっているようなものに目がないです。

――11月頃のブログではホットヨガにハマっていると書いていましたけど、最近の趣味は?

ジムでサーキットトレーニングをしています。走って、上半身の筋トレ。走って、下半身の筋トレ。走って、おなか周りと、有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせたメニューにハマっています。有酸素運動も毎回走る速さを変えたりして、結構ハードですよ。

役作りのためとかではなく、ある程度体を動かさないとダメだなと思っていて。肉体的にキツい時間は一瞬なので、効率良く体をイジめています。筋肉痛になると、ちょっとうれしい(笑)。

――オフの過ごし方は?

友達とご飯を食べたり、ダラダラしゃべっている時間がとても楽しいです。人の話を聞くことが好きなんですよ。たわいない会話ですけど、リラックスできる時間ですね。あとは、漫画を読むことも好き。

ベタな少女漫画が好きで、特に「ママレード・ボーイ」がお気に入り! 女の子が憧れるシチュエーションが全部詰まっているんです。主人公も“ザ・ヒロイン”という感じ。

でも、現実離れしていないから、自然と物語の世界観に入って行けます。

――昨年の秋に発売された約8年ぶりの写真集が話題を呼びましたけど、撮られている時の意識は女優としてカメラの前に立つ時とは違うものなんですか?

あの写真集は、割と撮られるがままという感じでした。ナチュラルな表情を求められていたような気がします。しっかりと決めているポーズと力が抜けている状態の中間と言いますか、気付いたらシャッターを押されていたという感覚でした。

10代の頃の写真集は決めのポーズが多かったですし、こう撮られたいという我も強かった。だから、ちょっと年齢を重ねて、あの頃とは違う表情を見せたいなと。自分がどんなふうに撮られるのか楽しんでいました。

――今後の目標は何かございますか?

いろいろな撮影現場を体験することで、今までは一視聴者として普通に楽しんでいたドラマの見方が変わってきました。カット割を意識したり、自分だったらこの時にどういう表情をするのか。こういうセリフ回しは面白いかなとか、考えながら見るようになりました。

機会があったら、今までのイメージを裏切るような役に挑戦してみたいです。こんなキャラクターを演じるのか!と、見てくださる方を驚かせたいですね。

――最後になりましたが、2018年は「戌(いぬ)年」ということで、日々の生活の中で大切にしているオンリー“ワン”を伺いたいのですが…。

う~ん、なかなか一つに絞れないですけど、家族や友達と連絡を取ることは欠かせません。

毎日、LINEをしています。どういう絵文字やスタンプを返したら面白いのか、考える時間が楽しい。狙い過ぎても駄目ですけど、せっかくだから私が送ったもので笑ってほしいです(笑)。(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

https://news.walkerplus.com/article/133993/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス