最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ガン 

40代は要注意 ガン以外でもっとも危険な病気とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


日本人の3大死因である悪性新生物(ガン)、心疾患、脳血管疾患。このうちもっとも割合が大きいのはガンだが、実はそれ以外の2つはほぼ同じ病気であることを知っているだろうか。

心疾患と脳血管疾患は、どちらも突然発生した血栓によって血管が詰まり、血液の流れが止まることで引き起こされることが多い。いわゆる血栓症という病気だ。事実、心疾患の9割は心筋梗塞、脳血管疾患の6割弱は脳梗塞である。

そんな血栓症は、世間的な認知度はそこまで高くない。しかし、寒い冬の季節こそ注意が必要だという。国立循環器病研究センターが2012年に発表した過去10年間の入院件数の推移では、血栓症の患者は毎年冬の時期に増加している。なぜ、この時期に患者数が増えているのか?

血栓症の原因となる下肢静脈瘤手術のパイオニアとして、これまで3万人以上の手術を実施してきた北青山Dクリニック院長の阿保義久氏に、その原因と対策を聞いた。

――「血栓症」とはどのような病気でしょうか?

阿保:医学的には以前から使われている言葉ですが、血管が詰まったときにできる血の塊のことを「血栓」と言い、このとき引き起こされる症状のことを血栓症と呼びます。

――なぜ冬場に血栓症が増えるのでしょうか?

阿保:前回サウナの危険性についての記事でもお話しましたが、冬の寒い季節になると、血管が収縮し、血圧が高くなります。そのため、血流の勢いが増し、血管にへばりついていたプラークが壊れて、血の塊、つまり血栓ができやすくなるのです。

また、冬場は意外と脱水状態になりやすい。つい夏場のほうが脱水しやすいと思いがちですが、冬も空気が乾燥したり、あまり水分を補給しなくなったりするので脱水状態に陥りやすい。血液中の水分がなくなり、いわゆるドロドロ血液になって、血栓ができやすくなります。喉の渇きや皮膚の乾燥などが脱水のサインです。

――どんな点に気をつければいいのでしょうか?

阿保:もっとも気をつけたいのが、主要臓器と呼ばれる心臓、脳、肺の3つの血栓症です。いずれも大量の血流を必要とする臓器で、血液の供給が途絶えると容易に死滅します(梗塞)。心臓の場合は心筋梗塞、脳の場合は脳梗塞につながります。

さらに肺の場合は、足の静脈にできた血栓がはがれて血流に乗り、肺に到達すると、突然死を起こしうる肺塞栓症を引き起こします。

――どうすれば防げるのでしょうか?

阿保:前もって予防することが重要になります。血圧を上げないために食事の糖質や脂質を管理したり、過労や睡眠不足にならないよう普段の働き方から気をつけたりしたほうがいいですね。

もちろん、適度な運動などの基礎的なことも、40代を過ぎたらから気をつけてほしいです。運動は、体の筋肉を動かすことで、血流を促すだけでなく、脳にも刺激を与え、認知症を予防する効果もあります。

――ほかに30~40代サラリーマンが気をつけるべきことは?

阿保:中間管理職で何かと板挟みになりやすい世代なので、ストレスマネジメントにも気を配りたいですね。ストレスは目に見えないものですが、循環動態を不安定にするものです。睡眠不足と重なってしまうと、免疫力低下も来し、負のシナジーを引き起こしてしまいます。

30~40代のときに健康管理をしっかりやっていたか、やっていないかによって、50代以降も若々しく健康的に歳を重ねていくか、急激に老化してしまうかに大きく影響を与えます。老後に薬漬けにならないよう、40代は体のマネジメントができるもっとも大事な時期という意識をもって過ごしてください。

【阿保義久】

北青山Dクリニック院長。東京大学医学部卒業。2000年に北青山Dクリニックを設立し、外科医としてのスキルを生かして日帰り手術を行うほか、病気を作らない予防医療、治癒が可能な段階で早期発見するための人間ドック、尊厳を守るがん治療としての遺伝子治療、生活の質を高めるためのアンチエイジング療法まで、質の高い医療サービスの提供に励んでいる。著書に『下肢静脈瘤が消えていく食事』(マキノ出版)などがある。公式サイト「北青山Dクリニック」

<取材・文/井野祐真(本誌)>


外部リンク(日刊SPA!)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ライフ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス