薬物使用者の掲示板に見る、ドラッグに対する本心「人生が好転した」「死ぬしかない」


 今まで数多くの著名人等が、覚せい剤や大麻の使用・所持などにより逮捕され、世間を騒がせてきた。浅野忠信の父親が、覚せい剤使用の疑いで逮捕されたときは、本人も言い逃れすることもなく「自分の意思で使用していました」と、あっさりと使用を認めた。そんな話題を聞くたびに、ふと疑問に思うことがある。芸能界では覚せい剤って、そんなに身近なものなのだろうか? 多くの人にとって、覚せい剤は普段の生活で触れることのないものだ。せいぜい、知り合いに覚せい剤で逮捕された人がいるか……いや、そんなことも滅多にないだろう。

だが、それが海外になると事情は変わる。私が海外で生活をした頃、多くの人にとって覚せい剤はごく身近なものであることを知った。例えば、海外では、日本の未成年者の喫煙と同程度の罪悪感の感覚で、平然とドラッグをキメることがあるようだ。もちろん、私が知っていることが全てではないが、現地の友人らも、約半数の人がドラッグを使用した経験があり、マリファナにいたっては約8割もの友人が経験アリとの答えだった。中には弁護士もいたし、一流大学出のいわゆる超エリートもいた。そんな彼らも、10~20代の頃に少なくとも一度や二度はドラッグの使用経験があるという。

そこで今回紹介したいのは、英語圏最大のニュース掲示板サイト「Reditt」の「ドラッグ」コミュニティから、ドラッグ中毒を克服すると宣言した男性が立てた「Goodbye ドラッグ」トピック。このコミュニティは、大麻(Cannabis)、コカイン(Cocaine)アンフェタミン(Adderall)、MDMA、日本では指定薬物のクラトム(Kratom)などさまざまな薬物カテゴリがあり、ドラッグの使用感や取り引き方法、社会ニュースを議論するものまで幅広くトピックが存在している。

「Goodbye ドラッグ」に寄せられたコメントのほとんどは、彼の決断を称賛するものばかりだが、LSDカテゴリのため基本的にみなLSDの使用者。ドラッグ経験者の彼らは、ドラッグをどのようなときに使用し、どう考えているのか? トピックのコメントを一部抜粋し、抄訳してご紹介する。

「Goodbye ドラッグ」

<トピック主>
 俺は、自分の人生と健康のために、ドラッグをやめるって決めた。最後にアシッド(LSD)でキマった時、ドラッグは人の成長を妨げるだけだって気付いたんだ。だから、やめて前に進む。俺はこのドラッグコミュニティでの交流を楽しんでるし、ドラッグを克服しようとしてる人をすごく尊敬するよ。もし、このコミュニティがなかったら、俺は間違いなく今よりもっと最悪なことになったと思うから。

<コメント1>
 主、よくやった! 俺がドラッグをやる時に一番大事にしてるルールは、ドラッグの効果を現実的に捉えるようにすること。それが、悪い効果でも良いものでも。たまに、悪い面ばかりを感じるときがあるけど、「良い効果ばかりじゃない」って気づくことが重要だと思う。もし主が、このドラッグコミュニティにまた来るなら、ドラッグをやってた過去の経験と、ドラッグ中毒を克服したその経験をみんなに話してもらいたい。ここのみんなにとって、きっと価値ある話になるから。

<主>
 ドラッグには良い面&悪い面があるっていうのには、すごく同意。大切なことは、ドラッグをやめたら、その後の行動に慎重になること。俺は今後、友達にもネット上でも、「ドラッグはやめるべきだ」って言い続けるつもりだよ。俺を救ってくれたこのコミュニティにお返しするためにも、いつか戻ってきたいと思う。

<コメント2>
 こないだコンサートでドラッグをキめたとき、ドラッグのおかげで、たくさんのことを学んだと気づいた。最高の人生のためにしなきゃいけないことが何か、ドラッグのおかげで理解できたんだ。奇遇なことに、それがわかってから人生は好転したし、愛も見つけることができて、鬱もなくなった。全てが以前よりもずっと良くなってきたんだ。このドラッグを開発した奴が、本物のMVPだよ。

<コメント3>
 これはある程度事実だと思うけど、ドラッグによる幻覚は、無限の知恵と自己洞察力を与えてくれる。私たちは、これからも人生のどこかで、障害にぶち当たり続けるけど、ドラッグは本当にやるべきことに気付かせて、それに集中させてくれる。そう考えると、LSDは精神的な問題を抱えていない限り、そして運転中じゃない限りは、最も安全なドラッグだと思う。

<コメント4>
 俺が最後にキマった時、ドラッグはもうやめるべきだってわかったんだ。特にマリファナ。あれはやめられなかった。最終的にパニック発作と不安の波が襲ってきたんだ。もし、やめられるタイミングがやってきたとしたら、賢くなったってことだよ。シラフの世界が待ってるよ!

<コメント5>
 中学生だった頃、俺はよくいるバカなガキだった。高校に進んでからは、環境を変えたい一心で、マリファナとか色んなことにハマったんだ。そのせいで、卒業するまでに2~3回停学を食らって、2回逮捕されたよ。そんな経験のせいか、大規模な非行グループのリーダーになったけど、そんなもの上っ面の関係でしかなかった。だから、高校を卒業してすぐ、俺はグループの何人かを除いて、全員との関係を断った。学校での悪い成績・評判が、その後の数年間、生活の妨げになった。俺は、将来や就職をちゃんと考えて過ごすべきだった時間を、しょうもない友達と過ごして無駄にしてしまったんだ。

話を現在に戻すと、今は短大に通ってる。将来何がしたいかなんてわからないからね。まだ21歳だし、一人暮らしする理由もないから実家に住んで、クソみたいな販売のバイトをしてる。まだ将来に対して前向きに考えられないけど、でも少しずつ、道は見えてきてはいるんだ。とはいえ、俺には学が全然ないし、友達は少ないし、販売の仕事でよく物を持ち上げるせいで背中が痛み始めてるし、もう自分は負け組だなって。

俺と同じような失敗はしてほしくない。高校生活に集中して、自分は何が得意なのか、将来どんなキャリアが築けるのかよく考えてほしい。別に、高校生活を楽しむばかりではダメだと言いたいんじゃないんだ。ただお願いだから、そういう楽しみは週末の夜だけにして、警察には十分気を付けるんだ。賢く生きろ。

長くなっちゃってごめんよ。でもこのスレを見て、10代の人のドラッグ事情が心配になったから。ドラッグは間違ってる。人生をめちゃくちゃにするから。もし俺が使ってたようなヤバいドラッグには手を出さなかったとしても、中毒者にならないワケじゃないから。

<コメント7>
 ドラッグはいつも、人生を輝かせてくれる物のように感じる。その人を破滅させる前までは。自分を破滅させるために使い始める人なんていない。ドラッグをやる理由は、強さ・幸福感・自信、そして人生をより良くしてくれる全ての物を与えてくれると思うからだ。
最初はみんな、ドラッグのことを甘く見てる。「人生をこれほど輝かせてくれるなら使った方がいいに決まってるだろう」と。そう感じている間、脳は変化し、そして体はドラッグに染まっていく。

使い始めは、ただのお遊び的な感覚で、たまに使用するだけだったのに、知らないうちにドラッグは自分の人生になり、生活の全てになってしまう。ドラッグが人を蝕んでいく。仕事に行き、そつなく仕事をこなしたとしても、実はもう、その人のアイデンティティーは失われ、人間らしい感情を持つこともなくなってしまう。お金は底をつき、健康状態は悪化していくにもかかわらず、ドラッグは人に、「自分はまったく問題ない」と思い込ませ、悪い方へと進んでいくんだ。

ふと、「ドラッグのない生活の方がいいや」なんて気が変わり、やめられる人なんていない。ドラッグを断ち切ることができたのは、ひどく痛い目に遭った人か、すでにドラッグで死んだ人だ。人がシラフになる努力をしたとき、きっと何かが違うと感じる。その人を取り巻く世界は以前よりも暗く、思考は恐怖や退屈に支配される。確実に存在していた、明るかった世界の思い出は、まるで夢物語だったかのように思える。

「ドラッグは最高だ……」。そんなものは最初だけだ。ドラッグは人を蝕み、人を虚無にする。後戻りできなくなる日がくるまで、誰しもがドラッグは最高だなんて思うんだ。

ドラッグは必要ない。ドラッグのない人生の方がずっといい。ドラッグがあなたを食い尽くす前に、まず近寄ってはいけない。

――――――――――――――――――

いかがだっただろうか。ドラッグ使用への罪悪感が薄いからか、それともドラッグが身近なものだからか、平然とドラッグを肯定する意見があるのは不思議なものだ。しかし、やはり最終的にたどり着く答えは、「ドラッグはやらない方がいい」というのが多数。

これは海外での話だが、「日本は違う」と安心を決め込むことはできない。「やり始めはただの好奇心だった。たまにキメるだけで満足だった」。そういった人が増えないよう、中毒克服者の経験を知ることはストッパーになるかもしれない。
(抄訳・構成/藤子留美加)

あなたにおすすめ