半年間同棲した彼氏は女だった 逃げられた女性執念の追跡(中国)

何の前触れもなく、一緒に暮らしていた恋人が自分の前から姿を消せば相当なショックを受けるだろう。それに加えて、彼氏が実は女だったという驚愕の事実が発覚し女性は二重のショックを受けている。中国メディア『Nanguo Metropolis Daily』をはじめ『Shanghaiist』『NextShark』『Mirror』などが伝えた。

中国の浙江省に住む1児のシングルマザー、ワン・チーさん(40歳)は、2016年にオンラインで“チェン”と名乗る男性と知り合った。最初はネット上での友人として仲良くなったワンさんであったが、チェンさんにしつこく交際を求められ、2016年6月から付き合うようになった。

チェンさんが年下であることに加え自分は子持ちのシングルマザー。きっと釣り合わないと思っていたワンさんだったが、2人はやがて恋に落ち、間もなく同棲生活を送るようになった。その後、チェンさんはワンさんを両親の住む海南省海口市にも連れて行き会わせていたようだ。

ところが2017年11月、一緒に暮らして半年経った2人の交際は突然終わりを迎えた。チェンさんがワンさんの前から突然姿を消したのである。同じベッドで眠る恋人関係であったとはいえ、実は2人の間には性交渉はなかったそうだ。ワンさんによると、「結婚まで(性交渉を)待ちたい」とチェンさんから言われていたという。電話をかけても繋がらず、出したメールへの返信もなく、WeChatのアカウントも変更してしまったチェンさんを、ワンさんは「きっと新しい恋人ができたのだ」と思った。だからといって、そのまま引き下がることはなかった。というのも、交際してからワンさんはチェンさんに30万元(約516万円)をつぎ込んでおり、自分のもとを去ったのならそのお金を返してもらいたいと思ったのである。

それからワンさんの執念の追跡が始まった。あらゆるところからチェンさんの居場所を掴もうと必死になった。そしてチェンさんのIDカードを発見したところ、男だと信じていたチェンさんが実は女だったことが発覚したのだ。胸も平らでデートの時にはいつも男性用のトイレを使用していたことからも、ワンさんはチェンさんが男だと信じて疑わなかったという。

性別を偽り自分のもとから金銭を奪い、突然姿を消した行為はもはや詐欺。ワンさんは、チェンさんの両親に詰め寄った。するとチェンさんの父親は、チェンさんが自分たちの1人娘であることを告白した。加えて、「子供の頃からいつも男の格好をしたがってはいたが、それは単なる趣味の範囲であり、騙すつもりでしていたのではない」と主張し、ワンさんが騙されたことを認めず、一緒にチェンさんの居場所を探すことを拒否した。それどころか、ワンさんがお金に困って嘘をついているのだろうと逆に責め立てた。ワンさん曰く、チェンさんは未だどこにいるかわからないが、性別を偽り金を騙し取ったとして法的措置も考えているという。

なお2016年には、インドネシアで男性と偽った女が、女性と結婚したことがバレて逮捕されている。この女は偽の親族を準備して結婚式に出席させるという用意周到ぶりであったようだ。

画像は『NextShark 2018年1月8日付「Chinese Woman Discovers Her ‘Boyfriend’ is a Woman After Living Together For 6 Months」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ