【東京オートサロン2018】日産ブースはEVのGTからおっさんホイホイまで多彩なラインナップが自慢

clicccar

2018/1/14 18:06


「NISMO」「AUTECH」と新たなスポーティブランド戦略を推し進めている日産ブースには、両ブランドはもちろん幅広いカスタムカーが展示されていました。

EVにGT(グランドツーリング)のエッセンスを加えた「LEAF Grand Touring Concept」。ブラックとマットシルバーのツートーンカラーが大人ごころをくすぐります。

商用バンNV350キャラバンをベースにオールラウンダーグランドツーリングのエッセンスを加えたという「NV350CARAVAN Grand Touring Concept」は、室内空間がガレージへとまんま移植されているイメージです。

ブースにはまだまだ車両が展示されています。

人気SUVのエクストレイルをベースにオーバーフェンダーなどを装着しアクティブなグランドツーリングのエッセンスを加えたという「X-TRAIL Grand Touring Concept」。

そして大人、いや、おっさっんがとくに食い付いていたのが「FAIRLADY Z Heritage Edition」。イエローカラーやストライプなどどこかしらS30型のイメージさせるアクセントを取り入れているなんてオヤジ的には涙がちょちょぎれます。

その他、「NISMO」や「AUTECH」ブランドのカスタムカーなど多くの車両が展示されていた日産ブース。ファンはもちろん、多くの人が楽しめる作りでした。

(テヅカ・ツヨシ)

あなたにおすすめ