略奪防止! 彼が“ほかの女性にアプローチされている”とき、やっておきたい4つのこと

ウレぴあ総研

2018/1/14 17:00

彼に迫りくる他の女性の影を感じる……。そんなときは誰しも不安になるもの。自分よりも魅力的な人、優れている人は世にゴマンといるわけです。

彼を奪われるのではないか、彼が別の女性になびいてしまうのではないかと、恐怖心が芽生えるのも無理はありません。

そんなとき、彼女としてどうすればいいのでしょうか。彼を奪われないようにするために、彼女ができることは何なのか、女性たちに意見を聞いてみました。

■本命がいることを匂わせる

「彼に『真剣に付き合っている女性がいること』を匂わせることじゃないでしょうか。

古典的な手法だと思いますが、ちょっと高級めな柔軟剤の香りをキツめにつけるとか。過去に、“香りの力”で、近寄ってくる女性を寄せ付けないようにしたことはあります。ドラマの中で浮気を疑う妻みたいな振る舞いですが(笑)」(30歳/広告)

かなりクラシックな方法であることは確か……。ただ、匂いに敏感な女性は、「こんなにいい香りの柔軟剤を使っている、ということは相手がいるに違いない」「柔軟剤の量などを意図的に調整しているのでは」と察知し、それ以上彼に近づいてこなくなる可能性も。

柔軟剤でなくても、自分がプレゼントした小物を使ってもらうなど、“彼女の影”を強調する作戦は使えるはずです。

■安らぎを与える

「どんなに魅力的な女性からアプローチされても、『やっぱりホームはこっちだよな』と思わせる彼女は一緒にいて心からリラックスできたり、癒やしを感じられたりする人なのかなと思います。

だから彼と会っているときは、私自身もゆったりした気持ちでいて、安らげるキャラに徹しています。そのほうが自分も楽だし、気分もいいですからね」(27歳/メーカー)

男性に「一緒にいるのがつらい女性は?」と聞くと、「怒りっぽい人」「かまってちゃんな人」「ネガティブな人」などの答えが返ってきます。その逆ともいえる女性になると、一緒にいるのが楽しくなり、本命として大事にされ続けるはず。

彼にとって居心地がいい女性とは何なのか、考えてみるのもひとつの手です。

■焦らない

「最近別の女性と食事に行ったりしてる……? と焦っても仕方がないですからね。LINEを勝手に見るつもりもないし、私が止められることじゃない。だから焦らない。焦ると彼に浮気をしてないか迫ったり、怒鳴りそうになったり、いいことがないですから。

ひとりで勝手にイライラして、相手に怒りをぶつけるとブスに見えるだけ。前に彼に八つ当たりしたときの自分の表情を鏡で見たことがあって……超ブサイクでした(笑)。焦りは怒りを引き起こして、自分が損するだけだとわかってからは、心の中で『落ち着け、落ち着け』と唱えています」(32歳/IT)

恋愛に限らず、焦るとミスが多くなる、支離滅裂な行動をとってしまう――そう感じたことはありませんか? この場合も同じです。焦っても裏目に出るだけ。

だから焦りという感情は捨てて、安定した精神状態でありたいもの。

■自分を磨く

「彼に他の女性が近づいている=それだけ彼が魅力的だということ。彼女としては緊張しますが、悪いことではないと思います。でも、黙って見ているだけでは、彼が相手になびいてしまう可能性もあります。だから自分を磨いて、離れたくない女性になる。近づいてくる女性よりも自分の方が人として魅力的であれば、彼も離れていかないでしょう。

美容面はもちろんですが、美術館に行ったり、映画を観たり、普段読まない本から学んだりして、内面磨きも怠りません」(28歳/美容関連)

昨日よりも今日、今日よりも明日をより良く生きる――そんな意識を持って生きる人は確実に魅力的。変わり続ける人は輝いています。そんな人から離れていく男性は少ないでしょう。自分を高める努力をすることで、彼とも素敵な関係性を築けると信じてください。

結局は、近づいてくる女性たちよりも、本命彼女である自分が人として魅力的であれば、何も怖がる必要はないということ。人としての器を大きくしていきたいものですね。

あなたにおすすめ