最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

山崎賢人 「落ち着いて『どうしたの?』って話を聞いてくれるナンバーワンホストを」演技プラン明かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
女性を手玉にとるホスト・旺太郎(山崎賢人)がキスで殺され、7日前に戻る“タイムリープ”を繰り返す異色ラブサスペンス「トドメの接吻」(日本テレビ系)。14日放送の第2話では、旺太郎に殺人未遂容疑がかかるなど物語が加速していく。

そんな本作で連ドラ初主演を務める山崎賢人に、改めて見どころを聞いた。

■ キス女と「どういう感情が芽生えるか…」

「意外過ぎます(笑)。ずっと意外。ずっと意外。ずっと意外です、ホント」。台本の第一印象をそんな風に語る山崎。第1話(7日放送)の序盤ではキス女(門脇麦)に怯えるだけだった旺太郎だが、徐々にタイムリープの感覚に慣れ、それを利用し始めているフシも…。この点について、山崎は「旺太郎は金のためならどんな手でも使う、そのためにはホストっていう職業がいちばんてっとり早いと思ってやっている男です。こんな男に“過去に戻る現象”が味方についてしまったらどうなる?ってことですよね」と意味深にニヤリ。

「死ぬ、ということはかなり恐れなければいけない出来事です。けれど旺太郎は、キスされて死に、7日前に戻れるということを知ってからは、まるでひとつの道具のように扱っています。そして、最初は“キス女”のことをあんなに怖がっていた旺太郎が、人間の口にキスするわけですから、どういう感情が芽生えていくのかっていうところも面白いところなのかな…」と、サイコチックに描かれる“キス女”との新たな展開もほのめかす。

23歳にして初のホスト役だが、女性を手玉にとるキャラクターもすっかり板についてきた。

「旺太郎は“チャラいホスト”という感じではなく、大人な、落ち着いて話を聞いてくれるようなキャラクターになっています。実際、ホストって落ち着いて話を聞いてくれる人が人気あるみたいなんですよ。旺太郎が働く『ナルキッソス』のメンバーもけっこうみんなグイグイくる感じなんですけど、僕は『どうしたの?』って話を聞いてくれるナンバーワンをやろうとしています。そして裏では女性を“年収何億”とか、お金としか見てない。そのギャップというか二面性、“クズ”っぷりを見ていただきたいなと思います」

■ オフショット公開で反響続々

2話放送前日には、番組公式ブログで山崎の収録現場でのオフショットが限定公開された。「グロリアスレボリューション」と題して更新された公式ブログには、「カメラを向けるとポーズをとってくれる。オフの旺太郎は本当にいい男でござんす。」というコメントともに、ゴージャスな毛皮のコートを着た旺太郎がかすかな笑みを浮かべながらカメラに向かって手を伸ばす姿が紹介されている。

このオフショットに、ファンからは「賢人さんかっこいい」「口元が少し緩んでるとこがまたセクシー」「こんなポーズ向けられたい!!」など熱狂の声が寄せられている。

14日放送の第2話では、旺太郎は自分を襲うキス女から「あなた、狙われてる」という謎の言葉を残され混乱する。後輩ホスト・和馬(志尊淳)からはしばらく出歩かない方がいいといわれるが、どうしてもモノにしたい“100億円の女”・美尊(新木優子)に会う糸口を探るため出勤。しかしその時バックヤードで、旺太郎の栄養ドリンクを飲んだ同僚ホストが倒れて大騒ぎに。旺太郎のロッカーから毒物が見つかり、旺太郎は警察で取り調べを受ける。

※山崎の「崎」は正しくは「立さき」(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/133954/

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス