メリット婚にもデメリットはあった!経験者が語る3つの落とし穴

愛カツ

2018/1/14 15:00


自分の欲しいスキルやお金、環境などを手にするための結婚……それがメリット婚。様々なメリットを求めて結婚するという、打算計算当たり前の結婚ですが、実はそんなメリット婚にもデメリットがあるんです。メリット以上のデメリットに苦しむ人もいるんだとか。
メリット婚に考えられるデメリットを知っておきませんか? 一体、経験者はどういったことで悩んだのでしょうか。



■ 予定に反して、子供が欲しくなったけれど……

資産家の彼と結婚した当時の約束が、「お互いの時間を大切にするために、あるお金で世界一周など旅行を楽しむ人生にしよう」というものだったというSさん。でも、いざ優雅な結婚生活を送ってみると、ごくごく普通の家庭が羨ましく思えたそうで……。
「子供が欲しいと思うようになりました。でも、最初の約束では子供は作らず夫婦での時間を楽しむという内容でした。子供が欲しいとお願いしても彼は一向に応じてくれず。望む生き方が変わるということに、今更気付きました」(30代女性・専業主婦)

■ 金銭的な余裕から結婚したけれど、社交場でのやりとりに苦戦

「主人主催のパーティーを行う際に、挨拶周りから食事の用意までやらなければならずに毎回大変です。金銭的余裕を望んで結婚したのですが、それに対する労力が大きく正直つらいと感じてきています。
元々社交的なタイプではなかったので、社交場でのやりとりも苦痛。得るものの対価を考えておけば良かったと、今更ながら痛感しています」(30代女性・専業主婦)
得るものの対価を考えておくべきだったとの意見、深いですよね。なにを得てなにを失うか……メリット婚ではそれがとても大きな問題になってきます。

■ 会社が傾いて、結婚時とは状況が激変!

「複数店舗を持つ会社の社長の主人。でも、結婚後に経営が苦しくなり2店舗閉鎖に追い込まれ、年商が結婚前と大きく変わりました。会社が傾いたときに思ったんです。会社が倒産したら、別れようって……金の切れ目が縁の切れ目だと自分でも思いましたね。薄情ですけど」(30代女性・専業主婦)
会社が傾いてしまえば、金銭的余裕を得るために結婚した人にとってはメリットが無くなってしまうようなもの。結婚する際には、将来性等も見据えて考える必要がありますね。

■ メリット婚でも予想されるデメリットを想定して判断を!

メリット婚に限らず、結婚には様々なメリットとデメリットが混在しているものです。大きなメリットを得られる結婚であればあるほど、将来的に予想されるデメリットも考えて総合的に判断しておかないと、大きな後悔をすることに。自分の将来を大きく変えるので、先の先まで予測して判断をしてくださいね。 (きえお/ライター)
(愛カツ編集部)

【インタビュー】結婚によって生活環境が上向きになった「メリット婚」経験者3人にスカイプにて取材。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス