スキージャンプのレジェンド・葛西選手は「長く続けてるだけ」 張本氏コメントに批判

しらべぇ

2018/1/14 11:30


(©ニュースサイトしらべぇ)

14日に放送されたTBS系情報番組『サンデーモーニング』のコーナー、「週間御意見番」では冬季オリンピックがテーマに。張本勲氏のコメントに批判が集まっている。

■葛西選手は「長く続けてるだけ」?


2月に冬季オリンピックを控えているウィンタースポーツ。スキージャンプ・高梨沙羅やスノーボード・平野歩夢など若い選手にメダルの期待がされている。

そんな中、スキージャンプのレジェント・葛西紀明は45歳で8大会オリンピック出場という大記録を作り出した。

関口宏が「この人は立派ですよ、これは『あっぱれ!』じゃない?」と質問すると張本氏は「まぁ、長くやってるだけですからね、優勝したら『あっぱれ』あげますよ」とコメント。

元アルペンスキー選手・皆川賢太郎は「今は調子が悪いけど、葛西選手は調整の技術があるので少しずつ調子が良くなってきかなと思います」と語った。

■ネット民は張本氏に怒り


ネットでは、張本氏に怒りを示す声が目立っている。






■どれだけ努力してると思ってるの?


一方では「努力や苦労がわからないのか?」という意見も見られる。






■体力が落ちたなと感じる年齢は?


一般的に30歳を超えると、ガクッと体力の衰えや運動能力の低下を感じるといわれる。その後は年々迫りくる老いと向き合いながら、年齢を重ねていく。

そこで、しらべぇ編集部では全国の20代~60代の男女1,400名に「自分の体力が落ちたと思ったことがあるか」調査を実施。

(©ニュースサイトしらべぇ)

スポーツ選手にも年齢とともに体力の衰えを感じて、引退する選手が後を絶たない。そんな中、葛西は45歳でも現役を貫いている。

衰えに負けることなく、経験を活かし、限界までチャレンジをしたいといった気持ちで現役を続けているのだろう。

葛西は2026年のオリンピックま現役を続けることを表明しているので、今後も年齢や張本氏のコメントに負けずに頑張ってもらいたい。

・合わせて読みたい→張本勲はイチロー嫌い? 「日本球界に帰ってきてほしくない」に記録への嫉妬を疑う声も

(文/しらべぇ編集部・嘉手川 裕太 イラスト/ミキシマ))

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日
対象:全国20代~60代の男女1,400名(有効回答数)

あなたにおすすめ