最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

大谷亮平が裏で闇金業営むダークヒーローに! 映画初主演『ゼニガタ』公開決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 俳優の大谷亮平が、初主演を務める映画『ゼニガタ』が5月26日に公開されることが決定した。大谷が演じるのは、違法な金貸しを行うハードボイルドなダークヒーローという役柄。

【写真】「大谷亮平」フォトギャラリー

その居酒屋は、深夜0時から金貸しになる…。錆びついた漁船が停泊する、とあるひなびた漁港の路地裏の一角で、ひっそり営まれている居酒屋「ゼニガタ」。店主は銭形兄弟の富男(大谷)と静香。表向きは居酒屋だが、深夜0時から闇金業を始める。

トサン(10日で3割)という違法な高金利で金を貸し苛烈な取り立てで債務者を追い込むのが銭形兄弟のスタイル。客はパンチ一発1万円で用心棒を請け負う元ボクサー、地方でくすぶるキャバクラ嬢や半ぐれ、ヤクザなど、金の魔力に取り付かれたアウトローな連中たち。ある日、ボクサー崩れの男・八雲が「ゼニガタ」に入れてくれと申し出てきて…。

本作でメガホンを取るのは、園子温監督の作品で助監督を務めてきた綾部真弥監督。綾部監督の待機作としては、本作のほかにドラマ『人狼ゲーム ロストエデン』(1月16日よりテレ玉ほかにて順次放送)や映画『人狼ゲーム インフェルノ』(4月7日公開)が控えている。

大谷が演じるのは、表向きは居酒屋経営者、裏では超暴利で金を貸しつけた挙げ句に、苛烈な取り立てで債務者を追い込む闇金屋。2016年のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でブレイクを果たした大谷は、今後も主演ドラマ『チェイス 第1章』(Amazonプライムビデオにて配信中)や映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(2018年初夏公開)などが控えている。

今回の出演作について大谷は「銭の主人になるか、銭の奴隷になるか、その本当の意味を熟知する男、銭形富男。 銭に侵された闇金の世界を覗き見する様な感覚で、この作品を楽しんで頂ければと思います」とアピールしている。

『ゼニガタ』は5月26日より全国公開。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス