トランプ大統領との会食でマリファナ吸った俳優

米俳優のウディ・ハレルソンが、ドナルド・トランプ米大統領との会食の際、話題に付いていけずマリファナを一服してしまったことがあるという。

「ソロ:ア・スター・ウォーズ・ストーリー」への出演が話題のウディは以前、友人で元ミネソタ州知事のジェシー・ベンチュラと共に、トランプ米大統領による選挙活動も兼ねた夕食会に出席したそうだ。

「大変な夕食会でさ。トランプタワーへ行ったんだ。けどトランプ大統領ときたら金の話しかしないんだ。彼が話し始めて45分くらい経った頃、俺は『失礼』と言って席を立ち、外へ出てマリファナを吸ったんだ。『あぁ、この食事会を俺は一体どうやって乗り切ればいいんだ?』って感じだったよ。母親とだってこんなに気まずい食事はしたことがないよ、それが今や彼は大統領だ」

政治に関してはリベラルだというウディは、一方で熱心な環境活動家としての顔も持ち合わせており、生態学的観点からするとトランプ氏が大統領に当選したことは「未曾有の大災害」であると話している。また、思考を鈍らせるとの理由からマリファナもやめたそうだ。

「霧の街サンフランシスコだか、霧の都ロンドンだか知らないけれど、俺らの目の前には常に霧があるようなものさ。でも今俺は頭を整理して、物事をもっとクリアにしたいんだ。人生や世界で起こる事に敏感に反応し、しっかりと意識していくために。どちらにおいても困難な時期は訪れるからな」

あなたにおすすめ