最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

織田裕二、真面目で正義感が強い役は「難しい」 17歳の娘を持つ父親役にも試行錯誤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 2014年放送の『連続ドラマW 株価暴落』に続き、織田裕二にとって2度目のWOWOWドラマ出演となる原作・周良貨/漫画・能田茂による経済漫画をドラマ化した『連続ドラマW 監査役 野崎修平』。ともに銀行員という役柄だが、趣は異なる。これまで数多くの映画やドラマに出演してきた織田だが「顔面神経痛になりそうなぐらい厳しい」と苦笑いを浮かべるほど野崎修平というキャラクターは難しいという――。

【写真】『連続ドラマW 監査役 野崎修平』織田裕二インタビューカット&出演シーン

織田演じる野崎修平は、おおぞら銀行・地蔵通り支店長として、部下や地域の人々に愛される人物であるものの、出世コースとは程遠い行員生活を送っていたバンカーだ。そんな彼が、ひょんなことから監査役になり、銀行内の不正を目の当たりにすることにより、巨大な闇に戦いを挑むことを決意する。

とにかく真面目で正義感が強いキャラクターを演じることに「難しい」と胸の内を明かした織田。その理由を問うと「真面目ないい人って直球の芝居で表現するしかないんです。それなのに、このドラマでは、古谷一行さん(頭取・京極雅彦頭役)、岸谷五朗さん(専務・武田真吾役)、松嶋菜々子さん(立川祥子役)ら、登場人物が曲者だらけ。キャストを見ていただければわかると思いますが、僕より若い人が少ないんです。そんな方々を相手に、変化球も投げられず、ひたすら直球だけ。20~30代ならまだしも、いまストレートだけで勝負するのは本当に大変なんです」とつぶやく。

さらに「野崎というキャラクターの成長物語でもあるので、原作や台本よりも、弱い人物に設定しているんです。そんな普通のサラリーマンが、銀行員のなかでは、絶大な権力を持つ頭取に対してはむかう。そこには闇の組織からの圧力も加わり、生命の危険すら伴うんです」と演じるうえで、非常にパワーがいることを明かすと「今まで僕がやってきたドラマだと、エンターテインメント的にもうまく解決できたりしたのですが、そこはWOWOWドラマなので、より現実的。余計苦しいんですよ」と苦笑い。

こうした役作りによって「僕は普段、作品に入っているときは、お酒を飲まなくても大丈夫なのですが、このドラマの撮影中はビールが飲みたくなるんです。新橋に寄りたい」とギリギリまで自身を追い込んでいることを明かすと「でもある意味で、サラリーマンの方々って、こうした理不尽のなかで、日々戦っているんだなって実感もできました。部屋のなかで、刀を持っているわけではないのに、切り合いをしているんですよね」とキャラクターに感情移入しているようだ。

そんな野崎が唯一、心を落ち着かせることができるのが家庭だ。野崎には妻と17歳の高校生の娘がいる。「野崎にとって一番勇気づけてくれるのが妻の存在であって、娘の成長もいろいろな発見になる。『大学生になったら一人暮らししたい』という部分でも、これまでそういうことって考えたことなかったので、『この年頃の娘を持つ父親ってどういう感覚なんだろう』ってスタッフの方に聞いたりしました」と、バンカーと違って高校生の娘を持つ父親という側面では、いろいろな試行錯誤があったという。

「8話に凝縮するのには壮大すぎる」と原作の魅力を語った織田だが、「ドラマには入れられなかったエピソードも、エキスとしては野崎に反映している部分は多いです。とにかく濃い作品になっています」と出来には自信をのぞかせていた。(取材・文・写真:磯部正和)

『連続ドラマW 監査役 野崎修平』(全8話)は、WOWOWプライムにて1月14日より毎週日曜22時放送(第1話無料放送)。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス