坂本「ファンの臆測に警告」、長野博「米研ぎ」で10ページ特集! 平家派の越冬


 光GENJIのバックダンサーとして誕生した平家派。2008年の『ザ少年倶楽部プレミアム』(BSプレミアム)で、TOKIO・城島茂、山口達也、国分太一、V6(20th Century)の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦によって再結成された伝説のグループだ。今回はそんな6人の17年11~12月の動向・話題を振り返りたい。

★47歳になった城島、加齢による物忘れが進行?
 11月17日に47歳の誕生日を迎えた城島。ラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)レギュラー陣の中では以前から「帰るのが早い」と指摘されていたのだが、11月2日の放送では「ただこの間、4週……先月の頭とかやったかな~。その日は僕も早いなって。自分でも思ったんですよ。その日だけは、その週は」「(スタジオを出て車で)ブーってだいぶ行ってから、電話かかって来て、『もしもしリーダー。カバン忘れてへん?』って。ハッと思って、この椅子のところにカバン。背もたれのカバン(忘れていた)」と明かした。慌てて戻ったものの、いつも帰り支度が遅いレギュラー陣はこの日に限って誰一人残っておらず、寂しい思いをしたようだ。

また、城島は11月10日より映像配信サービス・Netflixで世界配信されたジャニーズWEST主演のドラマ『炎の転校生 REBORN』の最終話にサプライズで登場。12月22日の『ミュージックステーションスーパーライブ2017』(テレビ朝日系)にて、桐山照史は「今年の1枚」として城島と中間淳太との記念写真を公開した。8月31日放送のラジオ番組『関ジャニ∞ 村上信五・ジャニーズWEST 桐山照史・中間淳太のレコメン!』(文化放送)にゲスト出演した際、当日が誕生日だった桐山をケーキでお祝いしていたが、『Mステ』で桐山がその現場の写真を紹介しながら、「誕生日ケーキを(もらった)。僕、誕生日って言ってないのにリーダーが『おめでとう~』言うて」「たまたまドラマでジャニーズWESTが共演させていただいたっていうのもあるんですけど、いい先輩だなと思いましたね」と、先輩の神対応に感謝していた。

★山口、後輩とドラマ共演で突然の“舞”を披露
 11月27~30日、自身がMCを務める『Rの法則』(Eテレ)内で放送されたドラマ『大江戸ロボコン』に出演。ジャニーズJr.・Princeの岸優太演じる主人公(安室将也)が所属する高専のロボコン部の顧問(岩渕敏夫)を熱演した。2話では主人公の夢の中で、着物のマゲ姿で扇子を使った“舞”も披露。ラジオ『山口達也 TOKIO WALKER』(NACK5、12月17日放送)でこの話に触れつつ、「ドラマ……変な言い方すると、得意じゃないと思ってるんで、『もうヤダ、ヤダ!』って言い続けてたんだけど。『どうしてもこれはやってくれ』と、『Rの法則』の中の話なんで、『やってくれ』って粘られたんで。ちょっとでも、後輩も出るしなぁっていうんで、出させてもらって」「いきなり扇子を持たされて、『自由に舞ってくれ』って言われた」などと、裏話をトーク。共演の岸については「岸くん、良かったよね。ホントに真っ直ぐな感じで。で、彼がどんどん成長していく姿を演じるのも、スゴくいいなぁと思った」と、ベタ褒めしていた。

情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の月・水メインパーソナリティーを務める山口は、『超問クイズ!真実か?ウソか?』(同、12月8日放送)の「日テレ系キャスター大集結スペシャル」に参加。2位の好成績で決勝に残り、1位の女優・桐谷美玲と対決した。交互にクイズが出題され、正解するとタイマーが止まる「超問 タイマンタイマー」で争い、最初こそ順調に即答を続けたものの、徐々に差をつけられて秒数が減少。最終的に桐谷が「3.6秒」で山口は「0.1秒」を残す形となってしまった。司会・有吉弘行は最後の問題を待つ山口を「カッコイイね、顔はカッコイイ」とヨイショしたが、やはり「0.1秒」では何もできず、クイズスタートと同時にタイムアップ。アッサリと敗北し、スタジオは大爆笑に包まれていた。

★国分、ついに「ゴチ」をクビになる
 情報番組『ビビット』(IBS系)のMCを担当している国分は、11月29日放送回でジャニーズ事務所の大先輩・近藤真彦と対談。ビールで乾杯後、早々に「最近これ(音楽活動)やんないの? 最近、見てないけど」と言われてしまい、国分は「あの……やってることはやってるんですけども。新曲も出しました。自分たちで作詞作曲も、もうするようになりまして」と、困惑気味に回答。ところが、近藤はTOKIOの近況を知らなかったにもかかわらず、「それが……違うんじゃないの ? 『自分たちで作詞作曲するようになったし』なんていうのは、それカッコいいと思ってるの? 自分たちでやったってことで達成感に満足して『自分たちでやりました~』。なにそれ?」と、バッサリ。

国分が「いや~、痛いところを突きますね~」と苦笑いしていると、なおも近藤は「そんなもんさ、カッコよくもなんともないよ、俺は。ただ、(曲作りを)やったってことに対してスゴいと思うよ」「そうやってぶっちゃけ話すると、バンドなんてやってる人間は当たり前の話だから。自分たちで作詞作曲するのは当たり前のことを、なんで『自分たちで作詞作曲できるようになりましたからぁ~』みたいな」と、猛烈にダメ出しした。「確かにそうですね。恥ずかしいことですよ、これは」と、すっかり意気消沈する国分に、「そんなの当たり前のことなんだから。言っちゃダメだよ。ダサ! めっちゃダサいね!」と、とどめを刺す近藤。国分は「ちょっと情けない……やっちゃいましたね、今のは。なんとかこれ、ハサミ……」と編集を要求していたが、しっかりとオンエアーされたのだった。

1995年から『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」に出演してきた国分。公式携帯サイト・Johnny's webの連載「タヒチ」(12月4日更新)で、「ゴチ」について「どうなるんだろう 19年目でこんな不安は初めてです」と、弱音を漏らしていたが、12月21日放送の「ゴチになります!18」で、ついにクビが決定。パート1から続けて出演した唯一のレギュラーだっただけに、涙目で番組とお別れした。

★坂本、久々に「ターザン」歌唱
 8月~10月にかけて行われた『LIVE TOUR 2017 The ONES』の開催中、ファンの間で「足をけがしているのではないか」と心配されていた坂本。ツアー終了後のラジオ『V6 Next Generation』(JFN系、11月11日放送)で明かしたところによれば、なんでも本人は「SNS等々でコンサートの感想とか投稿してくださってるの見てた」という。この中で自身の足の状態をめぐる書き込みが引っかかったと切り出し、「なぜ気になったかというと、まぁ、僕(けがを)公表してないじゃないですか。でもね、『なぜけがをしたのか』っていうことでいろいろ話し合ってて、ファン同士の中で。実は、2階にトロッコで行く時に、ファンの子が僕の手を引っ張った瞬間に、その時に、『けがをしたんじゃないか?』っていうので、いろいろ話し合われてて」と、ネット上の臆測に言及した。

その上で、坂本は「まぁ、事実じゃないじゃないですか。でもないのに、ファン同士で『心ないファンがいるのは悲しいです』ってなっちゃってたから。これ俺、言っておかないとダメだなと思ったんで」と、率直な思いを吐露。「一切そういうことはなく、自分の不注意というか、昔のけがが再発してしまって、ちょっと足を引きずるシーンも多々あったのか、ということだったので。決して、ファンの皆さんが引っ張って怪我をしたとかそういうのじゃないので」と、あらぬ疑惑を自ら払拭した。

一方、12月6日の『2017FNS歌謡祭』(フジテレビ系)でディズニーの名曲コーナーがあり、坂本は映画『ターザン』(1999年公開)の日本語吹き替え版主題歌「You’ll Be in My Heart」を久しぶりに歌唱。歌の前には「久しぶりなんで、ちょっと緊張と喜びでうまくいくかわからないんで、今日はメンバーを連れて来ました」と、コメント。隣に立つ井ノ原が「その当時、坂本昌行って名前だと、やっぱ海外の人わからないんじゃないかってことで、マーサ坂本(Marsa Sakamoto)って名前で出てたんですよ。『マーサ』って呼んであげてください」と、調子よくトークした。メンバーの三宅健がステージ下の円卓テーブルから「マーサ!」と声をかけ、「どうも、マーサです」(坂本)と爽やかに挨拶。その後、やや緊張の面持ちながら、井ノ原とともに美声を響かせていた。

10年に平家派でのステージも実現した『FNS』の企画力に、V6ファンも「『FNS』さん、『You’ll Be in My Heart』を聞かせてくれて本当にありがとうございます」「『FNS』に感謝するとか、7年前の平家派ぶり」と大喜びだった。

★長野、新連載スタートで「茶懐石」を学ぶ
 長野が水曜MCとして出演している生活情報番組『よじごじDays』(テレビ東京)。11月29日は“いい肉の日“ということで、ブランド牛・黒樺牛の特集をオンエアーした。番組序盤でレポーターのTIM・レッド吉田のロケVTRに入ったはずが、数秒後に長野のお料理コーナー「“食”king」のテロップが入り、映像の切り替えミスが発生。VTRが始まったと思い、スタジオでお茶を手にした長野は一口飲んだ後に「失礼しましたー。お茶飲んじゃった。V行くと思ってお茶飲んじゃった」とキュートに言い訳し、竹崎由佳アナウンサーが「ちょっとほっこりしちゃいましたね~。いいお茶の日に変わっちゃったみたいでしたね~」と、場を和ませていた。

食に精通している長野は、月刊の茶道雑誌「なごみ」(淡交社)の18年1月号(17年12月15日発売)より、新連載「長野博と学ぶ 茶懐石のキホン」がスタート。1年間の連載で、茶道の稽古にも通っている長野が、日本料理「青柳」の主人・小山裕久氏から「茶懐石」を学ぶとのこと。第1回の「米を研ぐ」は10ページにわたる特集になっており、長野ファンは「『なごみ』、定期購読決定」と、大満足。ちなみに、小山氏は読者や長野に「自分で懐石を作る」ことを最終目標にしてほしいと考えているそうで、「今日の様子を見ていると、長野さんは知識も豊富だし、きっと大丈夫です」と、太鼓判を押した。次回のテーマは「お出汁の引き方」というだけに、同連載によって長野の情報量もさらに増えていきそうだ。

★井ノ原、ついに老眼か
 11月7日放送の『あさイチ』(NHK)で、スマートフォンの使いすぎによる「スマホ老眼」を特集。人差し指を真っ直ぐ出し、近づけた時にボヤけた位置が30cm以上だった場合はスマホ老眼の可能性があるといい、井ノ原ら出演者がスタジオで検証した。現在41歳の井ノ原だが、人差し指と目までの距離は30cm以上あり、「完璧、30……スマホ抜いていいですよ。老眼だけで」と、自虐発言。この場合、老眼鏡を5分かけると改善するそうで、あらためてチェックした井ノ原は「変わんないなぁ」「俺、たぶんスマホじゃない。目の手術してるんで、それで見えなくなっちゃったんですよ。遠くは見えるんだけど。近く、見えなくなっちゃった」と、深刻な悩みを告白した。

実は、過去にレーシックの手術を受けたとされている井ノ原。番組では「目の手術」と言葉を濁していたが、視聴者は「イノッチの言う『目の手術』って、レーシックだろうか」「レーシックしてるかしてないかにかかわらず、近くが見えなくなったのは老眼だよ……」と、ややザワついてしまった。

そんな井ノ原は大みそかに開催された『ジャニーズカウントダウン 2017-2018 』において、08~10年にバラエティ『タイノッチ』(TBS系)でコンビを組んでいた国分と一緒に司会を担当。フジ系での中継はV6のデビュー曲「MUSIC FOR THE PEOPLE」から始まり、2曲目はKis-My-Ft2が「Everybody Go」を披露した。曲紹介を終えた井ノ原はKis-My-Ft2と入れ替わるように花道を通ってメインステージへ移動する途中、ステージ端のライトが気になったのか引き返して元の位置へ。ローラースケートを履いたKis-My-Ft2が円になって回転している後ろで、身をかがめてライトを直す場面が話題になっていた。

あなたにおすすめ