最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

婚活アプリで幸せな結婚をするために知っておきたい残酷な真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婚活アプリで幸せな結婚をするために知っておきたい残酷な真実

自宅で手軽にできるしお金もあまりかからない、ということで婚活の方法として婚活アプリの利用を検討している女子も多いと思います。

最近では、ゼクシィなどの大手も参入してきて、「軽い出会い系とは違うし安心感がある」といった印象を抱きがちです。ですが、婚活アプリには、手軽に出会いが手に入るからこその危険もひそんでいます。

今回は、婚活アプリを利用するときに知っておきたい真実についてお話します。

婚活アプリの真実①プロフィールにはいくらでも嘘が書ける


ほとんどの婚活アプリは、本人証明を「免許証」「保険証」などの住所と名前・年齢が確認できるもので簡単に行うにとどまっています。

つまり、婚活アプリに記載されている「職業」「年収」「既婚か未婚か」「子供がいるか」「婚姻歴があるか」「趣味や性格」などは嘘である可能性が充分にあるのです。

婚活アプリには、「結婚を焦っている女性なら釣れるかも」と婚活中の女性をなめている既婚者が登録していることがあります。婚活アプリを利用している女性の中には、「婚活アプリを利用している男性の中に既婚者がいる」という発想が無い人が多いと思いますが、実際には少なくないので気を付けておきましょう。

「年収が高い人と結婚したい」と婚活アプリで年収が高い人にしぼってアプローチすることも控えた方が良いでしょう。なぜなら記載されている年収が本当だという保障はどこにもないからです。

婚活アプリは超簡単に登録・利用できるというのは男女共に変わりません。そのため、登録している男性の目的は様々です。実際に結婚相手を探したいと思っている人もいれば、ただ遊びたい・暇つぶし程度の人もいます。

ですから、実際に会う前、会ったあとに、どういった人物なのか見極める必要があります。プロフィールの嘘に騙されないためには、たとえばですが、実際に会う前に本名を聞き出し、Facebookなどで検索してみるなど、事前にできるだけのリサーチをしておきましょう。

また、一回目のデートは夜ではなく、ランチかお茶にとどめておきましょう。

婚活アプリの真実②婚活が長引く原因になる


婚活アプリは手軽に出会いが手に入るため、「すぐに出会いが見つかるかも」と想いがちですが、その「手軽さ」ゆえに、逆に婚活が長引いてしまう可能性もあります。

「もっと他にイイ人がいるかも」とひとつひとつの出会いを大切にできなくなってしまっては本末転倒です。「二カ月だけしてみる」など一定の期限を決めて利用することをお勧めします。

さいごに


婚活アプリは手軽に出会えるというメリットがある反面、結婚に必ずしも積極的ではない人や、既婚者などに遭遇してしまうという危険性もあります。「プロフィールは嘘かもしれない」「自分は騙される可能性があるかもしれない」ということは念頭に置いていた方がいいでしょう。

今来 今/ライター


外部リンク(カナウ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス