【東京オートサロン2018】日産セレナ・オーテックのウインドウが真っ黒なワケは?

clicccar

2018/1/13 19:14


昨年、新たなブランドとして発表されたオーテック。日産車ベースの市販純正カスタマイズとしてNISMOはピュアスポーツ、オーテックはプレミアムスポーツとして両輪となるべく発足しました。

その第一号として発表されたのがセレナ・オーテック。セレナ・ニスモはモーターショーで公開されましたが、セレナ・オーテックは一般に広く公開するのはこの東京オートサロン2018が事実上の初お披露目の場……のハズです。

そう、「ハズ」と曰く付きような表現になってしまったのは、展示されているセレナ・オーテックはウインドウがフルブラックアウト。内装は公開されていない状態での展示なのです。

実はこのワケは、展示されているセレナ・オーテックがe-Powerをベースであるからなのです。

ノートに追加して、販売台数も大きく稼ぐこととなったe-Power。第2弾はセレナであり、その発表は今年度内ということですから3月までには登場するでしょう。つまり、未発売のセレナe-Powerであるため、外装は見せても内装はまだ内緒!というわけなのです。

しかし、さりげなく未発表のクルマをベースにしてあるあたり、オートサロンを見に来た人を喜ばせようという心意気も感じます。3月までにはe-Powerとオーテックが同じくらいのタイミングで追加されることとなりそうです。

その他に、初お披露目なのはエクストレイル・オーテック、ノート・オーテックも展示されています。

湘南の海を感じさせるオーテック・ブルーのボディカラーで統一され、一粒一粒こだわってデザインされたドットデザインのフロントグリルが共通しています。

こちらにもぜひ注目してください。

(clicccar編集長 小林 和久)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ