最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

有村藍里、自撮り修正の過程を初公開「職人技」「努力の塊」と話題/“新成人”藤田ニコルにエール殺到 今週一番読まれたニュースは?【総合TOP10】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【週間ランキング/モデルプレス=1月13日】1月6日~12日の週、モデルプレス内で読まれたニュース&コラムのベスト10をランキング形式でご紹介。

◆10位:市川海老蔵、麻央さんにLINE送り続ける「既読にはならないけど…」



歌舞伎俳優の市川海老蔵に独占密着した「市川海老蔵に、ござりまする2017」(日本テレビ系)が8日に放送され、海老蔵が昨年6月に亡くなった妻・小林麻央さんへの思いを語った。

◆9位:欅坂46メンバー、紅白のパフォーマンスを回顧 内村光良の気遣いも明かす



昨年大みそかに生放送された「第68回 NHK紅白歌合戦」に出演した欅坂46。年明けに更新したブログでは、多くのメンバーが紅白本番ステージや、総合司会・ウッチャンナンチャン内村光良とのコラボレーションについて振り返っている。

◆8位:欅坂46志田愛佳・渡邉理佐「紅白」過呼吸の舞台裏&「不協和音」を笑顔で語った!<“もなりさ”モデルプレスインタビュー>



欅坂46が8日、千葉県・幕張メッセで個別握手会を開催した。昨年大みそかに生放送された「第68回 NHK紅白歌合戦」では「不協和音」のパフォーマンスに絶賛の声が寄せられた一方、総合司会・ウッチャンナンチャン内村光良とのコラボレーション後に数人のメンバーが過呼吸のような状態になったと報道され、心配の声が殺到していたが、メンバーはこの日、紅白後初めてのイベントでファンに元気な姿を見せた。モデルプレスは、体調不良を心配された張本人である志田愛佳(しだまなか・19)と、仲が良いことで知られる渡邉理佐(わたなべりさ・19)の2人に取材し、紅白について振り返ってもらった。

◆7位:木村拓哉、入院中のマツコ・デラックスに送ったメールとは “同級生”トーク再び



俳優の木村拓哉が、マツコ・デラックスによるバラエティ番組「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系、毎週木曜深夜0:15)にゲスト出演。11日、18日の2週にわたって“同級生”であるマツコと夜の街を徘徊する。

◆6位:マツコ・デラックス、YOSHIKIのために脱サラして2000万円つぎ込んだ“女性ファンへの一言”が話題



マツコ・デラックス司会のバラエティ番組『マツコの知らない世界SP』(TBS系/よる8時57分~)が9日に放送。この日は、X JAPANのリーダー・YOSHIKIの特集が行なわれ、YOSHIKIをずっと追いかけ続けている“自称・YOSHIKI本人よりもYOSHIKIの全てを知る女性ファン”が登場。人生をかけてYOSHIKIを追いかけるファンに対してのマツコの一言が話題を呼んでいる。

◆5位:イモトアヤコの発言が「ファン心理を代弁しすぎ」 安室奈美恵コンサートへの想いに共感続出



お笑いタレント・イモトアヤコが、7日放送の「世界の果てまでイッテQ!豪華5本立て!新春3時間SPイモト憧れの初ハワイへ!」に出演。兼ねてから大ファンを公言している安室奈美恵のコンサートについての発言が、ネット上で話題になっている。

◆4位:“中国のガッキー”話題 オーディション番組で注目浴びる 恋ダンスも披露



中国で活躍し、中国のオーディション番組「来吧!灰姑娘」でグランプリを獲得した龙梦柔(22/愛称:栗子)が「中国の新垣結衣」「めっちゃガッキー」などと現在話題を集めている。

◆3位:草なぎ剛、付き合いたい女性芸能人を告白



草なぎ剛が、5日放送のバラエティ番組「『ぷっ』すま」(テレビ朝日系、毎週金曜深夜0:50)にて、付き合いたい女性芸能人を明かした。

◆2位:“新成人”藤田ニコルにエール殺到



モデルの藤田ニコルが新成人を迎えた。各地で成人式が行われている8日、ニコルはレギュラー出演する日本テレビ系バラエティ「ヒルナンデス!」(毎週月~金曜 11:55~13:55)のため式に出席できず。その胸中をTwitterで明かした。

◆1位:有村藍里、自撮り修正の過程を初公開「職人技」「努力の塊」と話題



タレント・グラビアアイドルとして活動する有村藍里が、Twitterで自撮り修正の過程を初公開。可愛く見せるための努力が話題を呼んでいる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

外部リンク(モデルプレス)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス