最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

中村獅童のインスタが息子だらけに 「こういう写真をアップする人間にはならないと思っていた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
歌舞伎俳優・中村獅童のInstagramは現在、昨年12月18日に誕生した「陽喜(はるき)」くん一色である。自分は「こういう写真をアップする人間にはならない」と思っていたそうであるが、まだ陽喜くんが誕生して1か月も経たぬうちに親バカ全開になってしまったようだ。

5日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で昨年肺腺がんが発覚する前の2015年に、脳動脈瘤から出血して手術を受けていたことを明かした中村獅童。この手術後1週間も経たずに退院し、舞台に復帰。そして昨年5月には肺腺がんの手術を受け、11月の舞台に復帰している。このように命にかかわる重い病を2年間で2度も患った彼を支え続けたのは、2015年1月に再婚した妻・沙織さんである。

2017年は自分の病気のこと、そして陽喜くんの誕生と、命について改めて考えることの出来た忘れられない1年になったという。そんな中村が12日の『Shido Nakamura shido_nakamura Instagram』で「こういう写真をアップする人間にはならないと思っていたのですが、気が付いたらこの有様」と、寝ながら我が子を抱いているツーショットを投稿。 Instagramが陽喜くんの写真だらけになっていることを、「もう少しお付き合いくださいませ」と詫びている。

だがフォロワーは「親バカ全開、いいですよ。そりゃあ可愛いでしょ」「いえいえ! どんどんアップしてくださいね」「中村獅童って こんな人でしたっけ? 好きになりました(笑)」「我が子が可愛いのはみんな一緒ですよ」と理解を示し、何より“パパそっくり”な陽喜くんの成長を楽しみにしているようだ。

画像は『Shido Nakamura 2018年1月12日付Instagram「こういう写真をアップする人間にはならないと思っていたのですが」、2018年1月10日付Instagram「金スマ放送終了後心に響く沢山のコメント誠にありがとうございました」、2018年1月6日付Instagram「本日金スマをご覧いただいた皆様ご視聴ありがとうございました」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 みやび)


外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス