最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

中3のころ描いた『三角定規』 4年後、再トライしてみると?衝撃の展開に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ジオラマやミニチュアなどを制作している、19歳のMozu(@rokubunnnoichi)さん。

リアリティを追求し、生みだされた数々の作品が、注目を集めています。

本物そっくりな三角定規

中学3年生のころ、授業中にふと「何かの絵を描こう」と思い付いたMozuさん。

たまたま近くにあった『三角定規』をモデルに、絵を描くことにしたのだそうです。

その時に描いた、三角定規の絵がこちら!

15歳の作品

なんと、周囲に散らばっている消しゴムのカスも、手描きの絵なのだとか!

それから4年の時を経て、Mozuさんは再び三角定規を描くことにしました。

どのような作品ができあがったのでしょうか。気になる完成品は、こちらです!

19歳の作品

ものすごく、クオリティが上がっています…!

15歳の時の作品も、十分すぎる出来ばえでしたが、4年間でさらなる技術の進歩を遂げていますね。

ちなみに、実際に行われた制作過程の様子がこちらです。

作者であるMozuさんに、お話をうかがってみました!

――制作にかかった時間はどのくらいですか。

制作にかかった時間は、6時間ほどです。

――描いていて、1番「楽しかった部分」と「苦労した部分」を教えてください。

楽しかった部分は『メモリ』の部分です。もともと細かい作業が好きなので。

苦労した部分は『数字』の部分です。どうしても、手書き感が出てしまうからです。

――描く上で、何が1番大切だと思いますか。

モノを『観察する力』だと思います。

さまざまな作品を手がけた4年間で、1番上達したのは「モノを観察する力」だと語るMozuさん。

対象物を注意深く観察し、魂をこめて描いているからこそ、本物そっくりな作品を生みだすことができたのでしょう。

作品集、発売中!

ジオラマアニメーターとして活躍中のMozuさんの作品が、1冊の本になりました。

これまでの作品はもちろん、制作方法や制作現場なども紹介されています。

こちらは、『自分の部屋』という作品です。高校1年生のころに、約5か月かけて、すべて手作りで生み出したといいます。

スケールは、6分の1サイズです。見れば見るほど繊細な作りに、感嘆してしまいますね。

眺めるだけで、ワクワクと好奇心を刺激されそうな1冊。興味のわいた人は、チェックしてみてはいかがですか。

『MOZU 超絶精密ジオラマワーク 』

玄光社 MOZU 著

Amazonで見る


[文・構成/grape編集部]

外部リンク(grape)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス