クリス・ブラウンにまた服役の可能性 許可なしでサルを飼う

喧嘩や暴力事件の話題が絶えず、2014年にはついにオレンジ色の囚人服を着た情けない姿が大きく報じられた歌手のクリス・ブラウン。2009年に当時の恋人であったリアーナに殴る蹴るの暴行を働き、その執行猶予期間中にも違反行為があったため禁錮131日を命じられたもので、彼は108日間の服役を経験した。そして2015年2月には、30代の元モデルの女性が出産した彼の娘が生後11か月になっていたことも発覚。父親になった彼に、周囲の人々やファンも「警察沙汰になることは2度とないように」と願ったものである。だがクリスと周辺人物は以後も再三にわたり警察の世話になり、ギャングとの黒い交際や薬物使用疑惑は払拭できていない。今またしてもクリスがトラブルを起こし、服役を命じられる可能性があることを『E!News』ほかが伝えている。

このたびの問題は、クリス・ブラウン(28)が南アメリカ・中央アメリカの熱帯・亜熱帯地域に生息するカプチンモンキー(和名:オマキザル)をカリフォルニア州の許可なく飼育していたこと。クリスは昨年12月、自宅で娘のロイヤリティちゃんがサルと一緒に過ごしている様子を捉えた写真をインスタグラムにアップしており、“フィジー”という名が付けられていることからサルがペットとして飼育されていることは明白であった。

『E!News』によれば、直後に令状を取ったカリフォルニア州魚類野生生物局(California Fish and Wildlife)がクリスの自宅に出向き、サルの飼育環境などについて家宅捜査を行ったもよう。カリフォルニア州では同組織の許可を得ずにサルを飼うことは法律で禁止されているが、クリスはその許可証を所持していなかったことが判明したという。

クリスは当局の調査に対して協力的で彼の側近がそのサルを引き渡したというが、調書はロサンゼルス市の検事当局にわたるとみられており、『NYポスト/Page Six』がその広報担当者に取材を試みている。飼育の許可を取り忘れたこと自体は軽犯罪の範囲であろうが、度重なるトラブルゆえクリスに対する検察、裁判所の心証は良くない。米芸能情報サイト『TMZ』は「有罪判決が下った場合は、最高で懲役6か月の実刑判決が言い渡されるのではないか」とも報じている。

もっともクリスの代理人であるマーク・ジェラゴス弁護士は、『E!News』の取材に「大量の案件を抱える検事局はとにかく忙しいんです。サルごときでいちいち動くもんですか」と話し、訴追の噂を笑い飛ばしたという。

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ