「魔王が復活?そんなことより保育園!」RPG風育児問題が、リアルで泣き笑い

grape

2018/1/13 15:06

2児のママである、かねもとさんが、『待機児童』など子育てにまつわる問題を、ロールプレイングゲームの登場人物や設定に置き換えて漫画化しました。

注目を集めている『【創作まんが】伝説のお母さん』をご紹介します。

保育園空いてないんですよ!

物語は、数年前に封印した魔王が復活したところから始まります。

出典:いっぱいかあさん

出典:いっぱいかあさん

魔王を倒した勇者一行の『伝説の魔法使い』が、育児に追われています!

空想のゲームの話と、現実の問題がリンクしすぎていて、読んだ人からは「リアルで面白いけど、泣けます!」「現実問題で考えると、こういうことありそうですね」といった声が上がっていました。

ちなみに、かねもとさんは『伝説のお母さん』を描いた経緯をこのように語っています。

RPGの登場人物だって待機児童を抱えているかもしれないなあというしょうもないありがち異世界4コマでした。

でも、現実世界でも高い能力を持った女性が子供を保育園に入れられないばかりに退職を余儀なくされたり、昇進が遠のくという現実があるわけで。どんなお仕事でも人手不足だなんて叫ばれてますが、子供を預けられるならいつでも働きたいと思っている女性は、多いのではないのでしょうか。

女性の力が埋もれてしまう…という思いを込めて書きました。
いっぱいかあさん ーより引用『伝説のお母さん』の続きはこちらのページで読むことができます。

続きが気になった人は、ぜひ読んでくださいね!

いっぱいかあさん


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス