最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【かんたん山ごはん】食べごたえ&腹もち抜群! 簡単もちピザ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スライスもちは、とっても使い勝手がいい食材。前回ご紹介した「もち味噌鍋」では、丸もちを焼いて加えましたが、スライスもちだってOK。なんといっても“火の通りが早い”ので、すぐにお腹を満たしたい時にはうってつけなのです。今回は、スライスもちをそのまま土台にした和風テイストのピザをご紹介。のび~るチーズとも相性ぴったりです。山ごはんにはもちろんのこと、実はおつまみにもオススメなので、ぜひ一度お試しくださいね!

手でつまんでパクリ! 「和風もちピザ」

【材料】(2個分)
スライスもち(薄切りタイプ)…2枚
ピザ用チーズ(シュレッドタイプ)…20g
マヨネーズ…適量
長ねぎ(小口切り)…約10cm分
桜エビ…5g
削りがつお…1袋(2.5g)
醤油…適量

【作り方】
●山での手順
1.テフロン加工のフライパンにもちを並べ、チーズをのせる。
1

2.もちが焼けてきたら上下を返し、チーズがカリカリになるまで焼く。
2

3.マヨネーズを薄く塗り、長ねぎ、桜エビをのせる。器に盛り、削りがつおをふって醤油をかける。
3

「和風もちピザ」のでき上がり!

4
もちは白米よりも腹もちがよく、消化吸収は早いという特徴があるので、登山はもちろんスポーツ時にもオススメ。とくにスライスもちなら、調理時間も短縮できます。薄くて火の通りが早いので、もちピザだけでなく、スープや鍋など汁物のちょい足しにも◎。持ち運びも簡単なので、この季節だけでなく、年中常備しておいて損はないですよ!

5
アッツアツの「もち味噌鍋」(写真右)といっしょに、はふはふ、あちちっと食べてくださいね!

※本コーナーで紹介しているレシピは、『ランドネ 2018年2月号 No.96[付録あり]』のp96で掲載しています。ぜひ誌面もご覧ください!

01_4839
●カノウヒナタ(KIPPIS)
アウトドアパーティを主催するKIPPISでフードスタイリストを担当。管理栄養士の資格をもつ。時間を見つけては山に登り、おいしいごはんを作って食べることが喜び。www.kippis.me

(出典:『Share the Mountain』、写真:猪俣慎吾(KIPPIS)、文:長嶺李砂、料理:カノウヒナタ(KIPPIS))

外部リンク(エイ出版社)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス