織田裕二「途中から顔面崩壊していきます」 直球で演じた真面目過ぎる銀行員

テレビファン

2018/1/13 14:58


 「連続ドラマW 監査役 野崎修平」の完成披露試写会が12日、東京都内で行われ、出演者の織田裕二、岸谷五朗、松嶋菜々子、古谷一行、権野元監督が登壇した。

本作は、バブル経済が崩壊し、金融当局が従来の政策を大転換させる“金融ビッグバン”に銀行業界が直面した1990年代を舞台に、正義を貫くため奮闘する銀行員・野崎修平の活躍を描く。

正義感と人情味にあふれる主人公・野崎を演じた織田は「この作品が決まってから『すごくぴったりな役だよね』と言われるけど、僕ってそんなイメージですか?」と困惑気味。「自分はそんなに真面目に生きてきたつもりはなくて…。彼(野崎)は甘いエサをぶら下げられてもなびかないが、『僕は、どうかな…?』と思っちゃうぐらい、すごく演じるのが苦しかった。あまりに真面目過ぎて、終わった後の喉の渇きを、帰ってビール飲まないとやり切れない気持ちで毎日いた」と語った。今回は、頭取役の古谷など「先輩方が多かった作品」だといい、「とにかくこの人たちを相手にストレートでどんどん投げていくような男なので、8話(最終話)まわるころには肩がぶっ壊れるんじゃないかと。途中から顔面崩壊していきますので、心してご覧ください」とアピールして、笑いを誘った。

一方の松嶋は、舞台となるおおぞら銀行で初の女性役員を目指す立川祥子役。織田とは、映画『ホワイトアウト』以来、約17年ぶりの共演となったが、「当時、あまり一緒のシーンがなかったので、久しぶりの共演というよりは、今回初めてお会いしたような感じ」とコメント。織田は「僕の中では松嶋さんが“経済もの”をやっているイメージがなかったので、あの難しいせりふを松嶋さんはどう言うんだろうなと思っていたら、何の苦もなくサラサラと言われていて、さすがだなという印象でした」と脱帽していた。

ドラマは、WOWOWプライム14日午後10時から毎週日曜に放送。(全8話)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス