吉岡里帆、向井理のドS演技に前向き「どんなに痛めつけられても平気」

テレビドガッチ

2018/1/13 13:20

女優の吉岡里帆が13日、都内で行われた新ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系、1月16日スタート、毎週火曜22:00~ ※初回15分拡大)の制作発表に出席。本作では向井理演じるドS男にいじめられる役どころを演じており、向井が「魔球を投げるような心境で」と意気込む一方、「どんなに痛めつけられても私は平気」と話して会場を盛り上げた。

天堂きりんの「きみが心に棲みついた」「きみが心に棲みついたS」(祥伝社フィールコミックス)をドラマ化した本作は、自己評価が極めて低いがために他人の前で挙動不審になってしまう吉岡演じる主人公・小川今日子(通称:キョドコ)が、桐谷健太と向井が演じる対照的な魅力を持つ2人の男性の間で揺れ動く様を描く。会見には吉岡、桐谷、向井のほか、共演者の石橋杏奈、中村アン、ムロツヨシ、鈴木紗理奈、瀬戸朝香、番組プロデューサーの佐藤敦司も出席した。

本作で連続ドラマ初主演となる吉岡は「緊張している中、信頼できる仲間が本当に温かく接してくれてとても幸せな時間を過ごせています」とコメント。桐谷と向井については「体当たりの演技が多くて、不安もあったんですけど、2人が本当に優しくて気にかけてくれて本当に助けられています」としみじみ。

過去の憧れの先輩が今はドSという設定で、そのドSの先輩を熱演する向井は「今回は魔球を投げるような心境でやらせてもらっています」と気合十分。「悪役は久しぶり。(吉岡には現場で)優しくしないようにしています。普段。2人のシーンでつかみ合ったりするシーンの前なんかは、あえて静かにしていたり」と役作りについて述べたが、吉岡には撮影前に「全力で行くので覚悟してください」と声をかけたという。だが、吉岡は「いつも気にかけてもらって、優しくしてもらって、だからどんなに痛めつけられても私は平気」と断言した。

モテる漫画編集者の役を演じる桐谷は「ここまでモテる役ははじめて。やっと世間が気付き始めてくれたのかな」とご機嫌で、「ようやく演じる役がプライベートに近づいてきた」と話してしたり顔。中村はそんな桐谷を前に、会見中にもかかわらず「個人的に結婚前から桐谷さんがタイプだったので、(共演できて)すごく嬉しい気持ちです」と衝撃の告白。桐谷を思わずのけぞらせていた。

イベント最後には、15日に25歳の誕生日を迎える吉岡にサプライズの誕生ケーキが用意され、吉岡は感無量の表情に。「25歳、初めての主演ドラマ。この仕事に全力で取り組んでいきたいです」と目を輝かせていた。

あなたにおすすめ