最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

トランプ大統領のマクドナルド好き 理由のひとつは“毒殺への不安”か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マクドナルドのハンバーガーが大好物で、選挙運動期間中もよく食べていたとされるドナルド・トランプ米大統領。味なども大統領の好みに合うのだろうが、ファストフードの大手チェーンにこだわる背景には、“一般人には想像しがたい理由”があるもようだ。

マクドナルドのハンバーガーが大好きだというドナルド・トランプ氏。71歳という年齢もあって「健康に良いのか」など気になる点もあるが、大統領はそれ以上に“2つの点”を気にしているとする見方が濃厚だ。

新著『Fire and Fury: Inside the Trump White House』によると、その理由は「トランプ大統領が食べ物に毒を盛られるのを危惧しているから」とのこと。そのような恐怖・不安を長年抱えてきたゆえに、大統領はとりわけマクドナルドにこだわっているそうだ。ちなみに大統領は「今からそちらに行く」と連絡を入れず、ふらりとマクドナルドの店舗に入り食事をすることもある。そうすれば「あらかじめ調理されていた安全な食事がすぐに提供されるから」というから、相当な恐怖心を抱えていると言える。

また、毒やばい菌を嫌うトランプ大統領は人との握手さえ嫌がるほど。ホワイトハウスの職員に対しても「私の歯ブラシや私物に触れるな」と命じているというが、特定の人物やグループに狙われているとの思い込みがあるのかは定かではない。

なおトランプ大統領は、選挙運動期間中にもプライベートジェット機にはマクドナルドとケンタッキーフライドチキン(KFC)の商品、ピザ、ダイエットコークがいつでも口にできるよう用意させていたそうだ。ポテトチップスやオレオ(クッキー)も好きで常備させていたが、常に新品の状態、つまり封が開いていない状態のものにこだわったという。そんな大統領は、過去にこのように話している。

「私は美味いと思うよ。バーガーキングもマクドナルドもね。」

「この前の晩は、KFCで食事をした。あそこも悪くないな。」

またこれらファストフードを好む理由について、大統領の言い分は…?

「どこで入手したのか分からぬものを使った料理を出す場所もある。」

「でも大手チェーンは違う。理由はこうさ。1個でも不味いバーガーを客に出そうものなら、マクドナルドは終わりだ。ウェンディーズも同じさ。他の大手チェーンもたった1個のバーガーで倒産に追い込まれかねない。(だからこそ)そういうチェーンの食事は安全なんだ。」

確かに一理あるのかもしれないが、健康面を考えるとやはりバランスの良い食事に切り替えた方が、元気で長生きができそうだ。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス