BMW M3セダンとM4クーペに、“Mの熱量”をさらに高めた限定モデルが登場

IGNITE

2018/1/13 11:00


BMWの高性能モデル「M3セダン」と「M4クーペ」に、各15台ずつの限定となる「M Heat Edition(エム・ヒート・エディション)」が発売された。納車は2月から順次スタートする。



ベースとなったのは、M3セダン/M4クーペに設定されている“Competition(7速 M DCT Drivelogic)”。搭載する3リッター直6・Mツインパワーターボエンジンの最高出力を標準モデルから19psアップの450psにまで引き上げ、0-100km/h加速=4.0秒の俊足を誇るモデルだ。



コンペティションではまた、エンジン性能の向上に対応して足回りも強化。ダンパーおよびスタビライザーの特性をMモデル専用に調整したアダプティブMサスペンションをはじめ、パワーを左右リヤ・ホイール間で自在に配分するアクティブMディファレンシャル、専用チューンのDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)などを装備する。



そして今回の「M Heat Edition」では、それらに加えて数々の特別な内外装が奢られる。まずは、そのボディカラー。BMW Individualタンザナイト・ブルー・メタリックは、日光の当たり具合によってダークブルーからターコイズへと様々な表情を見せる。そして、フロントスポイラー/スプリッター、ミラーカバー、リアディフューザーはすべてM Performanceのカーボン製となる。



コックピットは、特別装備されるアルカンタラ・スポーツステアリングホイール、カーボン・セレクターレバー、ステンレス・ペダル&フットレストなどによって、より高品質なプレミアムスポーツの世界観が表現されている。キーケースもM Performance仕様だ。



価格は「M3セダン M Heat Edition」が1,361万円、「M4クーペ M Heat Edition」が1,385万円。それぞれベース車から81万円高となるが、その内容を見れば納得だろう。

(zlatan)

画像元:BMWジャパン

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス