30歳崖っぷちグラドル、引退危機に号泣

グラビアアイドル白川未奈(30歳)が、1月10日に放送されたバラエティ番組「タカトシのバラエティだろ~が!!」(AbemaTV)の企画「ほろ酔い美女グランプリ美酒乱」に出演。芸能界引退の危機に号泣する一幕があった。

白川はこの日、かなり飲酒した状態で、「30歳になっちゃった」と泣きながら登場。なぜ、泣いているのか、それは、30歳までに地上波のレギュラー番組が無かったら芸能界を辞めると、父親と約束をしていたからだった。

番組当日の朝、その件で「(父親から)ちょうど『家出て行け』って言われて。その悩みを前室で(出演者の)みんな聞いてくれて」と涙を流す白川。ちなみに、地上波ではないものの、ネット番組にはレギュラーがあるようだが、“父親のお眼鏡”にはかなわなかったという。

そして、泣きじゃくり、モニターを見ながら「ほんとにぶっさいく、やばい」と焦り始めた白川だったが、番組MCのタカアンドトシ・トシは「何度も会ってますけど、変わってないですよ。調子いいくらいかなと思って」とツッコんでいた。

なお、その後、白川は涙を堪えながら隠し芸を披露。透明人間とプロレスをしていた。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス