超簡単!LINEで好きな人との距離を縮めるテクニック

カナウ

2018/1/13 11:00


超簡単!LINEで好きな人との距離を縮めるテクニック

こんにちは、恋愛プランナーのてつやです。今までも何度か紹介させてもらっているLINEテクニック。今回は、また違った内容をご紹介させてください。

それは、LINEで相手との距離をぐっと縮めたり、男性を自分に釘付けにしたりするテクニック。これをマスターできれば、あなたもモテ女子になれるかも!?

1、距離を縮める簡単なLINEテクニック


LINEを使って、男性との距離を一気に縮める方法を知っていますか?

実は、意外に簡単なんですよ。LINE上のやりとりで必ず相手の名前を呼んであげるんです。

はじめに「○○くん、こんにちは」「○○くん、元気?」と添えてあげるだけで、不思議にも親近感が湧いてきます。しかも、礼儀正しくちゃんとした女性、というイメージも相手に印象付けることができますね。

LINEだけに限らず、リアルな世界でも、名前を呼ばれたら誰だって嬉しいものです。これが数を重ねれば重ねるほど、仲は深めるきっかけになっていくんですよ。

2、男を釘付けにするLINEテクニック


LINEでも、ちょっとした男性心理をくすぐることで、男性を釘付けにすることができます。それは、男性が喜ぶキーワードを文章に入れる、というもの。

男性はプライドの生き物といわれますが、「すごい」「○○君だけ」「こんなのはじめて」この3つのワードを意識するだけで、相手の印象は変わってくるはずです。「すごい」は「さすが」「なかなかない」といった言葉でも言い換えられます。

「○○君だけ」は、こんなに本音でLINEできるのはあなただけ、と特別感を与えられます。意外とオトコなんて単純なものなんです。

3、男を釘付けにするLINE余韻テクニック


2人きり、もしくはグループで彼と会った後のフォローLINEを送るとき、普通なら「今日はありがとう」と感謝をまず伝えるのが一般的ですよね。でも、これじゃありきたりで、他の女性と差別化できていません。差別化、差別化!

ここは「感謝」じゃなく、「余韻」を伝えるような言い回しを使いましょう。たとえば、「まだまだ○○君と話したかったのでLINEしました」とか。こっちの方が、男性としてはうれしいんです。

感謝じゃなく余韻、これがポイントです。

4、LINEでより親密になるふたりだけの「ひ・み・つ」


すでにLINEを交換している前提で読んでください……飲み会の場で、他のメンバーにバレないように、リアルタイムでLINEのやりとりをするというテクニックです。

秘密を共有すると親密度は一気に高まるものですが、大勢がいる飲み会の場で、「このあと、二人で飲み直そう」なんて隠れてやりとりすれば、二人のムードは最高潮に達するはず。

おわりに

まだまだ、LINEテクニックは無数にあります。ただ、今回伝えたことが基本中の基本です。

リアルな会話と一緒で、LINEでも男性の深層心理をくすぐるセンテンスを常に意識することが、とても大事です。「LINEを制するものは、恋愛をも制す」この言葉もまんざら嘘じゃないですね。

(てつや/ライター)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス