運命を分ける?「不幸な結婚をする女性」と「幸せな結婚をする女性」のチェックポイント4つ

愛カツ

2018/1/13 11:00


こんにちは、恋愛コンサルタントの森野ひなたです。

周りの女友だちが次々に結婚して出産……、そんな状況だと「私だけ取り残されている気がする!すぐにでも結婚したい」と焦りがちになるもの。しかし、結婚を急ぐあまり“自分にとっての幸せな結婚”という視点が抜け、「とにかく早く結婚まで辿りつける相手」という軸で婚活をしてしまう女性は少なくありません。

結婚は早いもの勝ちではなく、今後数十年の幸せに大きくかかわる選択です。そこで今回は“「不幸な結婚をする女性」と「幸せな結婚をする女性」のチェックポイント4つ”をお送りします。
「不幸な結婚をする女性」と「幸せな結婚をする女性」の違い

■ ■1、許せない点がないかどうか

結婚において、不幸を感じやすいケースに【許せない点を彼が持っている】ということが挙げられます。例えば、浮気をすることが絶対に許せないのに浮気性な男性である、堅実に貯蓄していきたいのに彼が浪費家など。

おつきあいの段階で不安すぎることは、結婚後にさらに大きな問題になることが殆どです。

■ ■2、条件が変わったときに大丈夫かどうか

「一流企業に勤めているから」「私を好きでマメにケアしてくれるから」「彼の実家が資産家だから」など、“自分ではコントロールできない条件”が理由で結婚相手を選ぶ場合は、いちど立ち止まって【その条件が変わっても大丈夫か?】を自問自答するのがポイントです。

例えば、「一流企業をクビになったら?」「私をマメにケアしてくれなくなったら?」「彼の実家が破産したら?」といった感じで自分の心に問いかけます。

■ ■3、経済的にやっていけそうかどうか

お互いの収入で生活が成り立つのかどうか多額の借金や浪費グセはないかどうか結婚前に確認する
「愛があればお金なんて」と思いたいですが、現実的に生活するうえで最低限のお金はかかります。お互いの収入で生活が成り立つのかどうか。多額の借金や浪費グセはないかどうか、あるとしても大丈夫な範囲かどうかなど、経済的なポイントはチェック必須です。

■ ■4、自分を好きでいられるかどうか

一生のパートナーですから、あなたが一緒にいて「彼といる時の自分は好きだ」と思えるかどうかもポイントです。逆に、一緒にいると自分がとてもダメな人間だと感じたり、自分で自分を嫌いになってしまうことが多い相手だと不幸な結婚生活になる可能性が高いです。

いかがでしたか?
結婚相手を選ぶのは、一生を左右するといっても過言ではありません。あなたが幸せな結婚ができるよう応援しています。(森野ひなた/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ