最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【東京オートサロン2018】刺激的なタイヤを作り続ける、日本生まれアメリカ育ちの隠れた巨人・ニットータイヤ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋ゴムグループの一員でもあるニットータイヤは日本で生まれたブランドです。しかし、現在はその活動拠点をアメリカに置き、独自性のあるブランドとしてオフロードビークルユーザーなどを中心に高い支持を得ています。

ニットータイヤはタイヤを消耗品というネガティブなとらえ方ではなく、嗜好品として位置づけることを目標に製品開発を行っています。スピーチをした社長の水谷友重氏は「新車の新品タイヤを付け替えてもらえるようなブランドにしたい」とその心意気を語りました。

かつてアメリカのオフロードタイヤはバイヤスタイヤばかりで、耐久性も1万km程度しかなかったそうですが、ニットーはラジアルタイヤでオフロードタイヤを実現、6万kmオーバーの耐久性を実現しました。また、ラジアルタイヤでは難しいとされたボリューム感あるサイドウォールデザインも可能にし、アメリカンオフローダーの心を一気につかまえました。

今回の展示では、アメリカでもっとも過酷と言われるオフロードレース、キング・オブ・ハマーズに参戦しているマシンを展示。このマシンにはトレイル・グラップラーと呼ばれるタイヤが装着されていました。

そのほかにも未来的なトレッドデザインが施されたラグジュアリースポーツタイヤ「インヴォ」や、独自のトレッドパターンでオンロード性能を向上した「NT420S」なども展示。独特の世界観が醸し出されていました。

(諸星陽一)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス