最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【東京オートサロン2018】空気入りタイヤの発明から130年。その始祖であるダンロップがエアレスタイヤを展示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンロップの創業者のジョン・ボイド・ダンロップが空気入りタイヤを発明してからちょうど130年となる今年、東京オートサロン2018のブースにはダンロップが開発した空気を使わないエアレスタイヤが展示されました。

じつはこのタイヤ、昨年の東京モーターショーにも展示されているのですが、記念すべき年に再び展示したということに、つねに挑戦を続けるダンロップの姿勢のようなものが見え隠れします。

ブースに展示されているクルマは2台。いずれもレーシングカーで、2017年のスーパーGTのGT500クラスで優勝した中嶋レーシングの「Epson Modulo NSX-GT」と、2001年のル・マン24時間レースで3位入賞したベントレー・スピード8です。

ダンロップは静粛性を向上するために特殊吸音スポンジをトレッド内側に貼り付けるなど、さまざまな新しい発想を盛り込んでタイヤ造りに励んでいます。今回の東京オートサロンでは各種のタイヤを数多くを展示しました。

(諸星陽一)

外部リンク(clicccar)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス