クリエーティブユニット「TABLE ENSEMBLE」初の作品展開催、架空の音楽レーベルが新たに登場

NeoL

2018/1/11 22:17



フォトグラファー佐々木友一と、フレンチレストランオーナー渡部巧によるクリエーティブユニット「ターブル アンサンブル(TABLE ENSEMBLE)」が、表参道ROCKETで初の作品展を開催中。会期は2018年1月24日まで。

本展は、キャスティングから撮影、デザインまでを手掛けるキュレーションブック「ENSEMBLE」第2号の出版を記念したもの。「ENSEMBLE」は、さまざまな分野で活躍するアーティストやクリエーター、文化人のポートレート写真を綴ったブック。
初号ではモデルの宮本彩菜やTSUGUMI、ヌードモデルの兎丸愛美、女優の久保田紗友、音楽家の青葉市子、演出家の藤田貴大、メディアアーティストの真鍋大度、ダンサーの菅原小春の8人が起用された。
最新号となる第2号では、音楽家の佐藤千亜妃、モデルのCHIHARU、モデル・俳優の柳俊太郎、編集者の松岡正剛らを起用。多彩な面々が一堂に会した写真が展示される。
また、「ターブル アンサンブル」が新たに手掛ける架空の音楽レーベル「ゴースト ノート レコード(Ghost Note Records)」の作品も展示販売。架空の音楽家たちによるペインティングやコラージュを用いたレコードジャケットの展示と、SNSを用いた作品発表により架空と現実をつなぎ、音楽家があたかも存在しているかのような錯覚を楽しめる。

TABLE ENSEMBLE exhibition「OPUS ONE」
会期:2018年1月19日~1月24日 ※会期中無休・入場無料
場所:表参道ROCKET 
住所:東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ同潤館3F 電話番号:03-6434-9059
時間:11:00~21:00 ※1月21日(日) 11:00~20:00、1月24日(水) 11:00~18:00

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ