多忙で過酷な冬も「美肌」をキープするコツ7つ

美LAB.

2018/1/13 08:50

多忙で過酷な冬も美肌をキープするコツ7つ
寒さが厳しくなり、何かと慌ただしい冬は、感染症なども流行して体調を崩しやすい季節。外出先でのマスク使用や帰宅しての手洗い、うがいは基本中の基本ですが、それ以外にもできることがいくつかあります。そこで、今回は多忙で過酷な冬も美肌をキープするためのちょっとしたコツをご紹介したいと思います。

◆1. しっかりと休息をとる
冬は休息をとることが何よりも大切です。いつもより早めの就寝を心がけましょう。

この他にもこだわって欲しいのが、「睡眠の質」。せっかく早めに就寝しても中途覚醒してしまったり、眠りが浅いとしっかりと休息を取れていないことがあります。そのためには飲酒の機会やその量を控えめにするのがおすすめです。とはいえ、新年会などでお酒を飲む機会も多いことでしょう。そういう場合はお水と一緒に飲酒したり、量をほどほどにしたり、就寝の2時間ほど前に飲酒をやめたりするだけでも幾分違ってきます。

それからカフェインを多く含む食品の摂取にも注意する必要があります。そういった食品の摂取は日頃から控えめにするのがおすすめですが、摂取する時間はランチタイムまでにしておくと、睡眠に悪影響を及ぼすのを避けるのに効果的です。
コーヒー
また、就寝の2時間前くらいからスマホやテレビ、PCなどのブルーライトを発する電子機器の使用を避けたり、照明を落としてリラックスして過ごすといったことも安眠とスムーズな入眠に効果が期待できます。できれば寝具などにもこだわってしっかりと休息できる環境を日頃から整えておきましょう。
◆2. 身体を温める
冬は身体が冷えて血行が悪くなったりして代謝が悪くなります。代謝が悪くなると肌の乾燥やくすみなどを促進したりします。そのため冬は身体を温めることを常に心がけましょう。

そのためには薄着をせず、身体を温める作用のある食品を食べたり、温かい飲み物を飲んだり、毎日湯船に浸かって身体を温めるのが効果的です。特に毎日湯船に浸かるのは大切なこと。40度程度のぬるめのお湯に15分程度入るのを習慣にしましょう。また、その際は首まで浸かる時間を必ず5分程度作ることをおすすめします。
◆3. 野菜中心のバランスのとれた食生活を心がける
私たちの身体は日々口にしたものから作られていることを考えると、美肌を育むためには食生活が果たす役割は重要となります。野菜中心のバランスのとれた食生活を心がけましょう。

この他、腸内環境を改善する効果のある酵素を多く含む食品や風邪予防・肌荒れ防止効果のあるビタミンCを多く含む食品を積極的に摂取するのもおすすめです。ビタミンCは吸収率のいいサプリで摂るのも効果的ですが、食品から摂る場合にはこまめに摂取することが大切なポイントになります。ぜひ朝昼晩と口にしましょう。
野菜を食べる
◆4. 部屋の湿度は60%程度をキープする
冬は乾燥しやすい季節。というのも、空気が乾燥しやすいだけでなく、暖房の影響があるからです。乾燥は美肌の大敵なので、しっかりと対策をとりましょう。

おすすめは加湿器を使うこと。部屋の湿度は常に60%をキープするのがベストです。
◆5. 肌の表面温度を上げるスキンケアをする
冬は寒さのせいで肌が冷えがち。それを放置しておくと、エイジングサインが加速して冬の終わりに老け込むことになりかねません。そのため肌の温度を上げるケアを取り入れるのがおすすめです。

そのひとつの方法としておすすめなのが、ローション×ミルク×クリームを使ってケアするという方法。ローション×ミルクだけでケアするよりも肌の表面温度をキープする効果が高いのだそう。さらに密封力の高いクリームを使えばより効果的です。

この他、炭酸コスメを使ったり、マッサージをしたり、蒸しタオルやスチーマーを使うのもおすすめです。
しっかりと保湿する
◆6. しっかりと保湿する
冬は肌を乾燥から守ることが大事なポイントとなります。セラミドやプロテオグリカン、リピジュアなどの保湿有効成分が配合されたコスメを使用しましょう。

また、落とすコスメにも注意する必要があります。クレンジング剤は洗浄力が高すぎないミルクタイプやクリームタイプ、バームタイプなどを使ったり、朝の洗顔は時にぬるま湯や蒸しタオルで軽くふき取ることもおすすめです。
◆7. 紫外線対策は忘れずに
紫外線量が強く感じられる季節は日焼け止めなどを使用して紫外線対策を万全に行っているという人も、冬はサボりがちという人がいるかもしれません。しかし、紫外線対策は年間を通して行うことが何よりも大切です。

日焼け止めはSPF値やPA値はそれほど高くなくて構いません。保湿力があるもので、崩れが気になったらすぐに塗りなおすことを心がけましょう。
◆まとめ
この他、スキンケアアイテムは季節に応じて入れ替えることも大切です。常に自分の身体や肌と対話して、自分に必要なケアを行いましょう。
Photo by fotolia

あなたにおすすめ