最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

タロット占い◆彼の気持ち「彼は今、私のことをどう思っている?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋の不安を解消するには、タロットカードに聞くのが一番かもしれません。どんな恋テクを学んで実行しても、好きな人の心の中までは、なかなか見通せるものではないですから……。

さあ、ここに並ぶ3枚のカードのうち、あなたはどのカードを選びますか?「右・真ん中・左」心の中で決めてくださいね。

タロット占い彼の気持ち彼は今、私のことをどう思っている?

あなたが選んだカードに、今の彼があなたをどう思っているかが、表れていますよ。

■ 真ん中のカードを選んだあなた~NO.21【The World】

The World彼はあなたにとてもあたたかな思いを抱いている
今のあなたは、もしかすると「彼は私のこと、何とも思っていないのかも……」と不安に思っていたりするのかもしれません。でも、そんな後ろ向きな気持ちを抱く必要は全然ないようですよ。

なぜなら、彼はあなたにとてもあたたかな思いを抱いているから。それは「恋心」と呼ぶべきものです。そう、二人はお互いに気づいていないだけで、すでに両思いなんですね。最近の彼がどんな態度を取っているとしても、心の中ではあなたを大切に思っています。

もし言動が素っ気ないなら、それは恥ずかしくて素直になれないか、好きだからこそあまのじゃくになっているか……。あるいは、どうアプローチしたらいいのかわからず、困っているのかもしれません。

何にしても、あなたの恋は、きっかけさえあれば報われる段階まで来ています。杞憂しないで、もっと自信を持って大丈夫ですよ。

■ 左のカードを選んだあなた~NO.15【The Devil】

The Devilセックスしてみたいという肉体への関心
確かに、彼はあなたに特別な興味を抱いているようです。けれどそれは、純粋に心から好きだと思っているというより、「セックスしてみたい……」という肉体への関心だといえます。

そのため、たとえば二人きりで飲みに行くとか、急接近できる展開があれば、彼は積極的に距離を縮めてくるでしょうが、流れに任せて肉体関係を持っても、『一夜限り』で終わってしまうのかも……。軽率な行動と判断は、恋を壊すきっかけになりそうです。

とはいえ、彼があなたを魅力的だと思っていることは確か。その興味を体だけでなく、心からの愛情に高めていけたら、お付き合いするのも可能なはずです。色気で攻めるのではなく、あなたの内面を知ってもらうようなアプローチをしてみては?

■ 右のカードを選んだあなた~NO.18【The Moon】

The Moon彼があなたを異性として意識することはあるよう
結論から申し上げると……「いいなと思う時もあれば、何も感じない時もある」。

彼があなたを異性として意識することはあるようですし、その時は恋のときめきにも似た高揚感を覚えるのでしょう。けれど、そうした気持ちの高まりがずっと続くわけではなく、顔を合わせていない時や接点がない状況では、あなたを思い出すことが少ないみたい……。

今の彼にあなたへの興味はあるけれど、それを恋心と呼ぶのはまだ早いでしょう。

だから彼自身も、今の自分の気持ちがイマイチわからないようです。あなたをとても魅力的だと感じて、「二人が付き合ったらどうなるんだろう?」なんて妄想をすることもあるのに、好きだとはなかなか自覚できないんです。

一人でぼんやりしている時には、自分にとってのあなたはどういう存在なんだろう? と考えたりもするのでしょう。モヤモヤとした気持ちが胸の奥にわだかまっています。

それが今後、明確な恋愛感情に育っていく可能性もありますが、本当にそうなるかどうかはあなた次第。彼をもっとドキドキさせる工夫が必要だといえますよ。

■ さいごに

いかがでしたか?

タロットカードの導きは、永遠に変わらないものではありません。運命が変われば未来も変わるので、来週の彼は全然違う気持ちを抱いている……という可能性だってあります。

あくまで「今の彼」を表しているので、気になった時はまたカードに問いかけてみてくださいね。それに、あなたが何か行動を起こせば、運命もどんどん変わっていきます。

自分の恋が「成就」へ辿り着くために、アプローチするのはとても良いこと。二人の縁が結びつくきっかけになるかもしれないので、ぜひ積極的に動いてみましょう!(沙木貴咲/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス