『電影少女2018』アイ役・西野七瀬のかわいさに悶絶 お風呂のお誘いも…

しらべぇ

2018/1/13 07:00


(画像提供:(C)テレビ東京電影少女2018』)

乃木坂46・西野七瀬、野村周平のW主演ドラマ『電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-』(テレビ東京系)が今夜放送開始となる。(関東地区)

深夜枠ではあるものの、すでにドラマファンやマンガファンの高い注目を集めてる本作。この記事では第1話の見どころを紹介する。

■『電影少女』とは


(C)桂正和/集英社

『電影少女』は『週刊少年ジャンプ』の黄金期を支えた漫画家・桂正和の代表作。キャラデザインやストーリーなど、その後の少年ラブコメマンガにも多大な影響を与えた作品だ。

30代後半~40代前半の世代は「リアルタイムで読んでいた!」という人も多いのでは。

■第1話はこんな感じ


(画像提供:(C)テレビ東京『電影少女2018』)

ごく普通の高校生・弄内翔(野村周平)は、親の離婚を機に、絵本作家の叔父・弄内洋太(戸次重幸)の空き家で一人暮らしを始める。

(画像提供:(C)テレビ東京『電影少女2018』)

学校生活では、翔は同じクラスのマドンナ・柴原奈々美(飯豊まりえ)に恋心を抱いていた。

(画像提供:(C)テレビ東京『電影少女2018』)

しかし奈々美が想っているのは、翔の親友・古矢智章(清水尋也)。翔の気持ちを知る智章は、奈々美の想いに気づかないふりをしていた。

(画像提供:(C)テレビ東京『電影少女2018』)

そんな複雑な恋模様にモヤモヤしていた夜。突然、クローゼットの中から物音が聞こえる。気になって扉を開けると、1本のビデオテープと故障したビデオデッキが…。しかもビデオデッキにはVHSが入ったまま。

(画像提供:(C)テレビ東京『電影少女2018』)

翔は、デッキを直して再生すると、流れて来たのは天野アイ(西野七瀬)と名乗る女の子の映像。しかも突然、画面から中から飛び出してきて…!翔とビデオガール・アイの3ヶ月に及ぶ奇妙な共同生活が始まる。

■想像以上、期待以上な第1話


地上波での放送に先行する形でAmazonPrimeビデオでも配信されている本作。しらべぇドラマ班が視聴したところ、第1話の感想はこんな感じだ。

・まず映像のクオリティがなかなか高い。質感とか意外としっとりしてるね

・原作の25年後ということで実質オリジナルストーリーだけど、原作の良さをしっかり反映していてとても甘酸っぱい&胸狂おしい気持ちになる……これは懐かしくなっちゃうおじさん大量発生するぞ

・そしてなーちゃんのかわいさと来たら……アイちゃんを演じるって相当ハードルが高いはずだけど、ビジュアル&声のかわいさで完全に演じきっている。そしてお風呂誘われたい

・そして野村周平の演技も自然でいい

・25年後のモテナイヨータこと戸次重幸にはちょっと笑ってしまった

一言でまとめると「正直想像以上で思わず感激してしまった」というのが正直なところ。

舞台が現代に移っていることについては最初はギャップはありそうだが、それ込みでも原作ファンも納得の仕上がりと言えるのでは?

■第2話以降も期待できそう


ということでしらべぇでは第2話以降も見どころ記事を配信予定。日本中のおじさんが懐かしいあの頃を思い出してしまうこと請け負いな作品の今後に期待したい。

《これまでに配信した『電影少女』記事一覧はこちら

・合わせて読みたい→『電影少女』アイ役西野七瀬のVHSに「なぐさめてほしい」の声殺到

(文/しらべぇドラマ班・クレソン佐藤

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス