アンジェリーナ・ジョリーの娘シャイロちゃん、鎖骨骨折もレッドカーペットに登場

このたびのゴールデングローブ賞授賞式には、14歳になり表情もりりしくなった養子のパックス君と出席していたアンジェリーナ・ジョリー。か細く骨や筋が目立つ彼女は「また痩せたのでは」と報じられてしまった。世話を焼いてくれるナニーさんがいるにせよ、子供の数が多ければ多いほど母親の気苦労は絶えないもの。彼女のどことなく浮かない表情は、お転婆娘で知られるシャイロちゃんが鎖骨を骨折する大怪我をしていたことが理由であった。

アンジェリーナ・ジョリー(42)と家族は昨年12月の休暇をシエラネヴァダ山中にあるタホ湖で過ごしていたが、元夫ブラッド・ピットとの間に誕生したシャイロちゃん(11)がそこで鎖骨を骨折してしまったとのこと。ニューヨークで9日に開催された「ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞(National Board of Review Awards)」のガラでは、姉のザハラちゃん(13)とともにレッドカーペットのママをサポートしたシャイロちゃんであったが、首から固定器具で腕を吊るという痛々しい姿で人目を引いた。

それでもブラピ譲りと思われる屈託のない笑顔でママに寄り添ったシャイロちゃん。誰よりも気が強く、つまらないことがある度にふてくされてアンジーを困らせる―そんな表情がたびたび激写されていたシャイロちゃんも、いつの間にかママに向ける目は実に優しいものになっていたようだ。

婦人科系の大きな手術をいく度も繰り返し、世間から叱責された情熱的な略奪愛も離婚という残念な結果に終わり、気丈に振舞うも実はとても心細くなっているママのことを子供たちはよく理解し、励まし、守っているという。シャイロちゃんのこの笑顔にアンジーも普段ほとんど見られない幸せそうな笑顔を見せている。やはり彼女を輝かせるのは子供たちなのであろう。

(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス