最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

男子200m平泳ぎ世界記録の渡辺一平「意識するのは“ワンダフル世代”」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年のスポーツ界で活躍した選手や団体を表彰する「第52回ビッグスポーツ賞表彰式」が都内で行われ、体操・白井健三選手、陸上・桐生祥秀選手、水泳・渡辺一平選手、野球・清宮幸太郎選手をはじめ、多くのスポーツ選手が出席した。

日本オリンピック委員会(JOC)とテレビ朝日の代表者からなる選考委員会によって選考され、優れた日本人スポーツ選手・団体に与えられる本賞。

白井選手は「毎年新年のあいさつをする場がここなので、ことしもここに戻ってこられてうれしいです。オリンピックのメダリストと話していると、去年を思い出して懐かしい気持ちになります」とコメントした。

最高位のビッグスポーツ賞を受賞した水泳の渡辺選手は「まさか僕が取れるとは思わなかったです。そしてこれを機に、同い年の白井くんとかと話せるきっかけにもなりましたし、『自分たちは“何世代”なんだろうね』って話しました。

僕は“白井”世代にしたいと思ってます(笑)」と式での感想を語ると、記者から「“渡辺”世代にしときましょう」と言われ、「それはちょっと荷が重いです」と照れながら語った。

また、同世代の選手同士でLINEグループがあると明かした渡辺選手は「他競技の選手からもいいところは盗んでいきたい。何世代にするかは、今日グループで話し合ってみようかな(笑)」と楽し気に答えた。

「意識するのは“ワンダフル世代”。負けたくないというか強敵過ぎる(笑)」と大谷翔平選手、萩野公介選手、ベイカー茉秋選手ら1994年世代に対して少し尻込みした様子だった。

なお、式典の模様は、1月28日(日)にCSテレ朝チャンネル2で放送される。また、その他の受賞者は以下の通り。

ビッグスポーツ賞:羽生結弦(フィギュアスケート)、渡辺一平(水泳)、スピードスケート女子パシュート日本代表、小平奈緒(スピードスケート)

ビッグスポーツ特別賞:高梨沙羅(スキージャンプ)、堀島行真(スキーフリースタイル)、小野塚彩那(スキーフリースタイル)、フィギュアスケート日本代表、卓球・混合ダブルス日本代表、奥原希望(バトミントン)、レスリング世界選手権金メダリスト、柔道世界選手権金メダリスト、世界体操金メダリスト

ビッグスポーツ五輪奨励賞:新体操日本代表、伊藤有希(スキージャンプ)、岸彩乃(トランポリン)、糸数陽一(ウエイトリフティング)

ビッグスポーツ新人賞:張本智和(卓球)

ビッグスポーツ特別功労賞:宮里藍(ゴルフ)、浅田真央(フィギュアスケート)

ビッグスポーツ“Road to 2020”奨励賞:桐生祥秀(陸上)(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/133771/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス