最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

モテ度がアップする簡単な方法♡ 自然とモテる女子がやっている行動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「できれば男子に媚びることなくモテたい!」というのが、おそらく多くの女子が理想としていることではないかと思います。そこで今回は、男子に媚びていないのにモテる女子の特徴を見つつ、どうすればそういう女子になれるのか、どんな子がモテるのかについて、一緒に見ていきたいと思います。

1. 男子にとって「わかりやすい」女子はモテる

気のある素振りをされるより「明らかに好き」が伝わってくる女子が好き。つまり「脈ありっぽいけど、ホントはどうなんだろう……」これが、男子がもっとも苦手としているところだということ。
たとえば、片思いの彼のことをチラ見して目が合って、でも後から彼に声を掛けられなかったら、お互いに気まずい思いをしますよね? 気まずくなったら、どうしても心が委縮してしまってなかなか距離が縮まらないですよね……。

わかりやすく「好き」と言う方法って?
彼にわかりやすく「好き」と言う方法って、大人でもよくわからないから、この手のハウツーは、存在するようで存在しないのかもしれません。でも、恋愛上手な人は、たいてい偶然を味方につけます。偶然彼とふたりきりになれて、しかもそのとき彼とノリが合って、ノリで好きと言ったとか。つまり、偶然をキャッチすれば、彼にわかりやすく「好き」と言える可能性がうんと高くなるということ。偶然をキャッチしようと思えば、理性をはたらかせつつ、彼のことを観察することです。観察していればやがて、声を掛けるチャンスが見えてきます!

2. 追いかけたくなる女子はモテる
男子が追いかけたくなる女子とは、いつも元気がいい女子、いつも楽しそうな女子です。それだけ男子は、男子といううのは孤独なもので心のうちではいろんなことを考えています。彼女と交際しているときに「ごめん、今月はデート代がないから、払っておいてよ」とは言えない……こういうことを若い男子はすでに知っているので、まずは「稼ぐこと」を考えます。彼女にはちょっと相談できない深刻な問題です。大学生の彼も同じです。「バイトしなきゃ、彼女に振られる」と焦っています。社会人の彼氏ならなおさらです。

いつも楽しくしているだけでOKです
どんなにチャラそうに見える男子だって、心のうちは孤独です。孤独な人は、いつも楽しそうにしている人に惹かれます。「あの子、いつも楽しそうだなあ。あの子と一緒にいると、いいことがあるかもしれない」と思うのです。
だから、いつも楽しそうにしているだけで、あなたのまわりに男子が寄ってきます。男子に媚びることなく、すっと男子のほうから寄ってきます。いつも楽しくするのにはコツがあります。どんな状況であっても、楽しくできることを探すことです見渡すと楽しいことの2つや3つ、転がっているものです。それを探して、楽しみさえすればモテるということです。

3. 理想のタイプが曖昧な女子はモテる


理想の彼氏像が狭ければ狭いほど、タイプの男子が目の前に現れたら「なんとしてもこの彼をゲットしなきゃ!」と思って、場合によってはつい彼に媚びを売ってしまって……それで運よくつきあえても、一度媚びを売るキャラを出してしまったものだから、ずっと彼に媚びを売ることになってやがて息苦しくなって別れた……という話はよくある話です。

「理想の彼氏像」をなかったことにしてみよう
一度「理想の彼氏像」をなかったことにしてみましょう。意外な人物が目の前に現れて、その人になんとなく惹かれて付き合ったら、「理想の彼氏像」よりはるかにいい彼氏だった、ということも、よくある話です。
「理想の彼氏像」と「思い込み」って、紙一重なところがあります。理想の彼氏像を持つことが悪いことなのではなく、それを持つことで、男子を見る視野が狭くなって心が堅くなってしまっていることがあります。心を柔らかくするだけで、媚びを売ることなく片思いの彼と両思いになれることもあるのです。

いかがでしょうか。
恋愛上手な人はあえて付き合いたい彼に媚びを売ることがあります。つまり、先に売るものを売りつけておいて、あとから欲しいものをゲットするという方法をとる人がいます。なかなかの知恵者だと思いますが、一般的には、そこまでする必要もないでしょう。単純に、いつも楽しそうな女子でいるだけで、媚びを売らなくても、自然とモテるようになるでしょう!
(ひとみしょう/studio woofoo)

外部リンク(LAURIER PRESS)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス