最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

元彼が気になり始めたら、嫌いになりつつあるのは今彼じゃなくて自分です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんにちは、あなたの恋愛をアップデートするコラムニスト、川口美樹です。

人間だもの、ちょっと浮ついた心ぐらい誰にでもあるものです。それ自体悪いことではないのですが、その浮ついた心に自分の本当の気持ちが隠れているものです。

いきなり何の話かと思ったかと思いますが、ズバリ「彼氏がいるのに、ちょっと”元カレの方がよかったかも”と思い始めてる人の本当の心理」についての話です。

■恋人の選び方は、仕事の選び方に似ている
「彼氏がいるのに、ちょっと”元カレの方がよかったかも”と思い始めてる」人の心理は、彼氏を仕事に置き換えてみるとよくわかります。

つまり「転職したのに、ちょっと”前の会社の方がよかったかも”と思い始めてる」人の心理を考えてみれば良いのです。

以下、仕事(=恋人)だと頭の中で変換しながらお読みください。

========ここから==========

・前の仕事に充実感を感じなくなったから、思い切って仕事を変えてみたけど・今の仕事は今の仕事で、思ってたのと違うんだよなぁ。・あんまり楽しくないし、そもそも好きじゃないのかも?・やっぱり前の仕事のままの方がよかったのかなぁ。失敗しちゃったかなぁ。

私、キャリアカウンセラーもやっておりますので、この手の話はよく聞く話なんですね。最終的には自分が決めたことになのに、自分が今満足できていないことを、いつの間にか仕事のせいにしているのです。

あなたもこの人の気持ちを読んでて、この人この先の人生ずっと、仕事との向き合い方で苦労すると思いません?

なぜなら自分にとっての理想がどこかにあると勘違いしていて、それに出会えない限り自分は幸せになれませんって言ってるようなものですよね。

========ここまで==========

■嫌いになりつつあるのは今カレではなく、自分です。
恋愛の方に話を戻しましょう。この時、この女性は一見すると、今の恋人のことを嫌いになりつつあるように見えます。しかし、心の奥底では自分のことを嫌いになりつつあるのです。

なぜならこの「今の彼氏に不満があるから恋人を替える」という選択を続けた先に待っているのは、「私の選択は間違いだったんだわ」という後悔と「私には理想の恋愛なんて一生できないんだわ」という絶望だからです。

これが仕事なら周囲の人間から、「あんたさ、自分がやりたいことだけをやれる仕事なんて滅多にないんだから、今任されてる仕事を一生懸命やらなきゃダメよ」という指摘を受けるので、本人も「そうか」と思うのですが、恋愛になるとそうはいかない。

下手すると周りの友達が「わかるー、私の彼氏もさー」なんて同調し始まるのでタチが悪いです。

その時には「あんたさ、何もかも自分の思い通りになる恋人なんて世の中にいないんだから、今付き合っている人と一生懸命向き合わなきゃダメよ」と言われないといけないのです。

■未来を作るのは過去の自分ではなく、今の自分
とはいえ、今の恋人と別れるという選択肢は必ずしも悪いことではありません。転職したはいいものの、転職先がブラックならさっさと辞めるべきなのと同じように、いざ付き合ってみたらとんでもないブラック彼氏だったのならむしろさっさと別れるべきです。

大事なことは、「過去の成功事例と比較しないこと」なんです。過去の延長に今の自分がいることは確かですが、過去は過去です。未来の自分は今の延長にいるとは限りません。

過去どんなにうまくいっていようが、あるいはうまくいっていなかろうが、自分の欲しい未来を作れるのは、過去の自分ではなく、今の自分なのです。

未来の自分を自分が嫌いにならないためにも、今の自分の選択に自信を持って、「もっと私が買われることがあるんじゃないかな?」と思って欲しいなと思うのです。(川口美樹/ライター)

【恋愛アップデート計画】(ハウコレ編集部)

外部リンク(ハウコレ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス