美男“5次元アイドル”DearDream 初ツアーが開幕!

ザテレビジョン

2018/1/12 19:30

5人組男性アイドルグループ・DearDream(ディアドリーム)が1月10日、グループ初の全国ツアー「ドリフェス!presents DearDream 1st LIVE TOUR 2018『ユメノコドウ』」の初日・東京公演をTOKYO DOME CITY HALLにて開催した。

DearDreamはアニメやスマホゲームで登場する2次元キャラクターと、そのキャラクターに扮する若手俳優(※アニメでは声優も担当)がパラレルで活動。2次元プラス3次元で展開する“5次元アイドル”を標榜している。メンバーは石原壮馬(天宮奏役、21歳)、溝口琢矢(及川慎役、22歳)、富田健太郎(佐々木純哉役、22歳)、太田将熙(片桐いつき役、23歳)、正木郁(沢村千弦役、22歳)の5人だ。

この日はツアータイトルにも採用された「ユメノコドウ」ほか全26曲(※アンコールを含む)、合計2時間以上のステージを展開。途中、メンバーの担当の曲・パートを入れ替えた“ユニットシャッフル企画”なども行われ、集まった約3000人のファンを大いに湧かせた。

本編終了後、東京公演担当としてMCの大役を任された溝口は「DearDream結成から3年弱、このメンバーと毎日いることがすごく楽しくて、そう思えるのは最高のエールを送ってくださっている皆さんとスタッフの方々がいてくれるからなんだなと改めて感じました。だから僕たちは、ライブで感謝の気持ちをお返ししていきたいと思います!」と力強く語った。

その後アンコールも終え全曲のパフォーマンスを完遂させると、5人が交代でマイクを手に。「支えてくれるみんながいてくれるから、こうやってツアーができている」(正木)、「俺、いまめちゃくちゃ幸せです!」(太田)、「きょう東京の皆さんにもらったパワーを胸に、残り4都市を回っていきます」(富田)、「きょうを迎えるまで年を越した気分がしなくて、2018年きょうから始まったなという感じです」(溝口)、「次の福岡のライブでは、みんなのパワーをぶつけてきます。みんな、東京で待っていて下さい!」(石原)と、それぞれの言葉で初ツアー初日を終えての気持ちを明らかにしていた。

なお、今回のツアーは福岡、大阪、愛知を回ったあと、2月25日の横浜・パシフィコ横浜 国立大ホールでファイナルを迎える。

■ライブ終了後のメンバーのコメント

石原壮馬「ついに1st LIVE TOURの幕が上がりました。久しぶりのワンマンでいろんな緊張感がありましたが、本当に楽しいライブになりました。きょう、東京の皆さんからもらった熱と勢いをさらに増して福岡に向かおうと思います。東京公演に参加して下さった皆さん、ありがとうございました。そしてこれから向かう4都市の皆さん、楽しみに待っていて下さい!」

溝口琢矢「ご来場ありがとうございました! 皆さんからの応援(エール)はいつも本当に心強いです。こちらも負けないくらいエネルギーを飛ばしているつもりなのですがそれでも足りないなぁといつも思います。でもだからこそもっと上を目指していけます! いよいよツアーが始まりました。これまでの感謝を胸に、皆さんへ恩返しのつもりで駆け抜けて行きます!」

富田健太郎「ツアー初日終わりました!! ついにやってきた初日! 楽し過ぎました。体感5秒ぐらいでした(笑)。本番を終えていつも思うのが、ライブは皆さんの笑顔とか熱量で完成するということです! 今回も皆さんのおかげで最高の時間を過ごすことができました! メンバーやスタッフさんと考え抜いたセットリストやライブ構成を楽しんでいただけたことが本当にうれしいです! 全国5都市を回るツアーの最高のスタートを切ることができました! 東京に来てくれた皆さんの熱をしっかり受け取ったのでこの熱量を胸に他の都市も楽しんでいきたいと思います! 本日は、本当にありがとうございました!」

太田将熙「DearDream 1st LIVE TOUR 2018 『ユメノコドウ』東京公演終了致しました! ご来場下さった皆さま、応援して下さった全ての皆さまありがとうございました! 初日の幕が上がったTDCの景色は想像超えてサイコー超えMAXでした! ツアーはまだ始まったばかりです。きっとここからラスト・パシフィコ(横浜)まで皆といろんな楽しいことを共有していくんだなと思うとワクワクします。さらに高みを目指して行くので期待して待っててください!」

正木郁「1st LIVE TOUR初日にご参加いただいた皆さん、ありがとうございました! 僕らの"今"を最大限に詰め込んだ歌やダンス、いかがでしたでしょうか? 2018年1回目のライブということもあり、この東京公演での一歩をスタートとして、次の福岡、大阪、愛知、そして神奈川。一段一段上へと駆け上がって、今までにない景色を皆さんにお見せします。皆さんの笑顔が本当に力になります。これからも、サイコー超えてくぜ!」(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/133652/

あなたにおすすめ