野菜の栄養&量 しっかり摂れている気がしない人にオススメ3つの食べ方

Woman Wellness Online

2018/1/12 18:40


毎日たっぷりの野菜を摂ることが美容・健康によいのは周知の事実。ですが、いざ食べるときにせっかくの栄養成分が損失した状態だったり、少量しか摂れなかったり……。「野菜をしっかり摂る」ことは意外と難しくもありますよね。

年末年始の乱れた食生活で栄養バランスが崩れてしまった今だからこそ、野菜の力で体を立て直したいところ。

そこで今回は、ビューティーフードアドバイザーである筆者が野菜をしっかり摂るための3つの食べ方を紹介していきたいと思います。

1・・・ビタミンCを守るにはササッと水洗い&生で



多くの野菜に含まれるビタミンCは、コラーゲンの生成やシミの予防、免疫力アップなどに役立つ栄養成分。余すことなく摂りたいところですが、水溶性の栄養素であるため水に溶けだしやすいうえに、熱に弱く、調理中に損失しやすいという特徴があります。

ビタミンCの摂取を目的に野菜を摂るのなら、長時間水に浸すのは避けてササッと水洗いをし、しっかりと水切りをすること。加えて、非加熱で食べるのがオススメです。

また、ビタミンCは日に当たることでも減少すると言われています。保存をするときは、直射日光を避けた場所で。

2・・・電子レンジで温野菜にしても〇




野菜は摂りたいけれど、寒い冬に生野菜のサラダばかりでは体が冷えてしまいますよね。そんなときは、電子レンジで加熱をしましょう。

ポイントは、ラップをかけて2~3分加熱をすること。そうすることで、脂溶性のビタミンや、ビタミンCでも熱に強いものは損失が少ない状態で取り入れることができます。

短時間でホクホクになるので調理時間の短縮+美味しさという点からも、野菜の調理が面倒な方でも毎日続けられるはず。葉物野菜は加熱でカサが減るので、量をたくさん取りやすくもなりますよ。

3・・・量を摂りたいときはジュースにする


複数の野菜をたくさん摂りたいと思っても、そのままではとても食べきれなかったりします。そこでミキサーの出番。攪拌してジュースにしてしまえば、簡単に飲み干せてしまいますよね。

ただし、長時間の攪拌は栄養成分の損失につながるので注意が必要です。それと、作ったジュースを「あとで飲もう」と置いておくのもNG。なぜなら、ミキサーにかけた後のジュースのビタミンCの消失率は、時間の経過とともに増えていくから。

作ったジュースはすぐに飲むのが正解です。

ビタミンやミネラル、食物繊維の宝庫である野菜は、体調管理に欠かせません。野菜をたっぷり、効果的に摂るための参考にしてみてくださいね。

【筆者略歴】

高木沙織

“美容”と“食”には密接な関係があることから、複数の「食」に関する資格を取得。イベント講師・執筆に携わる一方ヨガインストラクターとしても活動し、多角的に健康美作りをサポートする。

野菜の栄養&量 しっかり摂れている気がしない人にオススメ3つの食べ方はWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス