【東京オートサロン2018】ハイブリッドレーシングカーTS050をベースとした「GRスーパースポーツコンセプト」を発表!

clicccar

2018/1/12 19:07


1月12日~15日に幕張メッセで開催されている東京オートサロン2018。東8ホールの中で、圧倒的な広さを誇るのがTOYOTA GAZOO Racingのブースです。

開催に先だって行われたプレスブリーフィングでは、GRスーパースポーツコンセプトのアンヴェールとニュルブルクリンク24時間耐久レースの参戦車両とチーム体制が友山茂樹GAZOO Racing Companyプレジデントから発表されました。

「GRスーパースポーツコンセプト」はWEC(世界耐久選手権)参戦車のTS050をベースとしたロードゴーイングカーで、搭載されるパワートレインは2.4LV6ツインターボエンジンとモーターを組わせたハイブリッドシステム(THS-R)により最高出力1000psを発生します。

高効率のEVシステムと希薄燃焼エンジンの組み合わせにより、究極のパワーと環境性能を両立した次世代のスーパースポーツカーとして開発中で、市販化までもう少し時間がかかるとのこと。

友山茂樹GAZOO Racing Companyプレジデントは「CESで発表したeパレット・コンセプトが次世代の幌馬車とするならば、このGRスーパースポーツコンセプトは自分の愛馬といえる次世代の競走馬といえます。この2つのコンセプトモデルは全く対照的でありながら、どちらも電動車で、おそらく、最先端のIT技術を駆使した安全で環境に優しい、コネクテッドカーになるはずです」と語りました。

さらに「この先、クルマの電動化やIT化が加速しても、この両極のモデルの中間を含めた様々な形が存在し、クルマは決してコモディティ化しないと思います」と語りました。

GRスーパースポーツコンセプトのアンヴェールに続いて、2018年ニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦車両と参戦チーム体制が発表されました。

ニュルブルクリンク24時間レースは世界一過酷なコースと言われるドイツ中部のニュルブルクリンクで毎年開催されるレースで、トヨタは2007年より参戦しています。第46回となる2018年は5月12~13日に決勝レースが行われます。

2018年は新規車両となるレクサスLC1台でSP-PROクラスに参戦予定。ドライバーは土屋武士をリーダーとして、松井孝充、蒲生尚弥、中山雄一。チームメカニックとエンジニア・リーダーにトヨタ自動車の社員である関谷利之、尾形和良という布陣で臨みます。

トヨタ社員のメカニック、エンジニアの手でレースカーに仕立て、将来のスポーツカーなどの市販車に活かすための技術を先行投入し、「人を鍛え、クルマを鍛える」活動の実践を通じ、「もっといいクルマづくり」を追求します。と友山茂樹GAZOO Racing Companyプレジデントは語りました。

(萩原文博)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス