男性と食事をする時に気をつけたいこと3つ

愛カツ

2018/1/12 17:00


食事の仕方を見ると、「この人は細かい性格なんだろうな」とか「きっとこの人の部屋って汚いなんだろうなあ」とか、なんとなくその人のバックボーンが見える気がしませんか?
男子もしっかり見ていますよ。せっかく良い雰囲気だったのに、あなたの行動一つで運命の分岐点を迎えてしまうかもしれません……。
そこで今回は「食事の席で気を付けるべき項目」をご紹介いたします。



■ 1:箸の持ち方

箸の持ち方が独特だと、とても目立ちます。正しい箸の持ち方は食事のマナーとしても必須ですよ。
中にはスプーンやフォークしか使えないという女子もいるのではないでしょうか?
またお茶碗の持ち方や、肘を付いて食べるなど、食事中の姿は結構見られているものです。どんなにお洒落をしても、あなたのイメージが下がってしまっては意味がありませんので。一度見直してみると良いでしょう。

■ 2:食事は楽しく

携帯をいじりながらや、本を読みながらの、○○しながらの食事は相手に不快な思いをさせてしまいます。
もし逆の立場ったらと想像してみて下さい。自分の存在を無視されているような寂しい気持ちになりませんか?
付き合いが長くなってくると、やってしまいがちな行動です。あなたと一緒に食事をしても楽しくないと相手に思わせないようにしまようね。

■ 3:食べた後はきれいに

嫌いなものがあったり、量が多すぎたりすることもありますから、残さず食べましょうとは言いません。
しかし、食後のテーブルの上にパンのカスがボロボロとこぼれていたり、お茶碗に米粒がいっぱいひっついていたりと食べた後が汚いのはとても印象が悪いです。
少し意識すれば改善出来る事ですので、“キレイに食べる”という事を頭に入れておきましょう。

いかがですか?
こういう事は、内心「わっ」と思っても言葉に出して相手に伝える事は、ほとんどありませんから。
本人だけが自分は「私は大丈夫」と思っていることが多いです。一度友達同士で指摘し合ってみてみましょう。(斎藤奈々子/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ