元モー娘。工藤遥、憧れの戦隊シリーズ出演で感慨

テレビドガッチ

2018/1/12 16:00

スーパー戦隊シリーズ42作目にして、初の二つの戦隊の活躍を描く『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日系、2月11日スタート、毎週日曜9:30~)のキャスト披露イベントが12日、都内で行われ、元モーニング娘。の工藤遥がヒロインの一人として出演することが発表された。

「怪盗」と「警察」という相容れない二つの戦隊ヒーローが活躍する本作で、工藤はルパンレンジャーのヒロイン・ルパンイエロー(早見初美花)役を演じる。この日出演が発表されたのは、ほかにもルパンレッド(夜野魁利)役の伊藤あさひ、ルパンブルー(宵町透真)役の濱正悟、パトレン1号(朝加圭一郎)役の結木滉星、パトレン2号(陽川咲也)役の横山涼、パトレン3号(明神つかさ)役の奥山かずさの6人。また謎の執事役として温水洋一も出演するといい、それぞれ壇上に登場して意気込みを語った。

工藤は「モーニング娘。を卒業し、この作品が女優として初の仕事。頑張っていきたいです」と感慨深げ。「憧れのスーパー戦隊に出れて嬉しいです。13歳の時、実は先輩の真野恵里菜さんにスーパー戦隊シリーズに出たいと話したことがあったんですけど、真野さんが“出れるんじゃない?”と言ってくれたんです。今思うと真野さんは予言者です」とも話し、「今までダンスをやっていたので運動神経には自信があります。アクションも楽しんでやっていきたいです。私にしかできない役にしようって頑張ります」と意気込み。色気もアップさせたいといい、「1年が終わる頃には女性らしくなったねって言われるようにもなりたい」と話した。

また、伊藤は「長い歴史のある戦隊シリーズに出演できて光栄です。このフレッシュな6人で頑張っていきます」とコメント。濱も「信じられなくて……。まさか自分が、自分でいいのかなって思うくらいで。マネージャーに聞いてビックリしました。オーディションは、これを受からなかったら辞めるくらいの気合でやっていたので嬉しかったです」としみじみ。「決まった瞬間、お祝いでお寿司屋へ行きました」と茶目っ気溢れるエピソードも披露した。

そして、結木も「オーディションの次の日に打ち合わせしたいと言われて事務所に行ったら、書類を渡されてこれ決まったからって。驚いて、嬉しいというよりホッとしました。これから子どもたちのヒーローになるって決まって、責任感も増しました」とにっこり。奥山はこれが女優デビュー作だといい、「気合が入っています。父が元々警察官。早く父に伝えたいです。夢が叶った気分です。わからないことは父に聞いてアドバイスをもらおうと思います」と話していた。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス