【東京オートサロン2018】早くも2台の新型エクリプス クロスのカスタマイズカーを披露した三菱自動車

clicccar

2018/1/12 15:40


東京オートサロン2018の三菱自動車では、昨年12月から先行予約を受け付けている新型SUV「エクリプス クロス」のカスタマイズモデルが早くも登場しました。

「PREMIUM SPORTS Concept」は、ボディ同色としたフロントバンパー、サイドドアガーニッシュによりボディ下側をモノトーンに統一することで、より上質で、スポーティなハイスピードツアラーをイメージしたとしています。

さらに、フロントアッパーグリルをダークメッキ化。パフォーマンスを象徴する中央のブラックフェイスのテイストと合わせることで、よりスタイリッシュな表情に変身。

足まわりには、冒険の名を冠したというRAYS製のアルミホイール「STRATAGIA Avventura(20×8.5J)」と、高速安定性に定評のあるYOKOHAMA製タイヤの「ADVAN Sport V105(245/40ZR20)」が組み合わされていて、スポーティさがより強調されています。

もう1台の「FIELD ATHLETE Concept」は、大地を疾走するダイナミックなSUVをイメージしたそうで、強い輝きと高品質感を表現したという「ブロンズメタリック」の外装色が最大の特徴です。

外観では、エンジンフードプロテクターや迫力あるデザインのRAYS製アルミホイール「FDX-F7(18×7.5J)」、タイヤはYOKOHAMA製の「GEOLANDER A/T G015(225/55R18)」が装着され、SUVらしいタフなイメージを演出。

ほかにも、アウトランダーPHEVの「PREMIUM SPORTS Concept」や、そろそろ次期型も気になるデリカD:5の「ACTIVE GEAR」を展示。

デリカD:5の「ACTIVE GEAR」は、ヘビーデューティキャリアとリヤラダーを装着することで積載量を確保。足まわりには、YOKOHAMA製タイヤGEOLANDER A/T-S(225/55R18)を装着することで、悪路走破性がさらに高められたモデルとなっています。

(塚田勝弘)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ