リック・スプリングフィールド スター達の自殺に言及「俺も昨年はそんな気持ちだった」

オーストラリア出身のミュージシャンで、日本を含む世界各国で多くの曲を大ヒットさせたリック・スプリングフィールド。彼もすでに68歳になるが、様々な苦労を経験してきたのであろう。昨年はクリス・コーネルや大人気バンド「リンキン・パーク」のチェスター・ベニントンが自殺し世界中の音楽ファンが大きなショックを受けて涙したが、酸いも甘いも経験してきたリックには「死んで消えてしまいたいという気持ちが理解できる」という。

このほどリック・スプリングフィールドが『Sirius XM』のインタビューに応じ、過去に自らの命を絶ったスター達に言及。自らの楽曲『Suicide Manifesto』に絡め、このようにコメントした。

「俺もそういうこと(自殺)について考えてしまう。それを歌にしたんだ。」

「俺も(自殺する)寸前のところまで行ったことがあるから。」

しかもそれは大昔のことではなく、つい最近のことだという。

「去年のことさ。ギリギリまで死のうと思いつめていたんだ。」

またリックは俳優ロビン・ウィリアムズ(享年63)やチェスター・ベニントン(享年41)が自殺したことに触れ、こうも話している。

「ああ、あれはキツかった…。こう思ったんだ。『でも俺には分かるぜ』って。そこまで自分を失って、暗闇の中にいるのがどんな気持ちなのかが分かるから。」

「ものすごく辛い気持ちさ。だからどうにかして終わりにしたいと思い詰めてしまう。俺もそういう状態になってしまったんだ。だからそれがどんな状態なのか、そして彼らがどんな気持ちだったかも理解できる。」

しかしリックの場合は、“ある方法”で気持ちを落ち着かせるそうだ。

「瞑想するのさ。」

瞑想すること、そして自分の死が子ども達に与える影響について考えることで、リックは死をも願ってしまう精神状態から抜け出すことができるという。

「俺はハッピーで明るい奴だと思われてきた。ずっとね。でも本当の俺は違う。暗い男なのさ。」

それでも好きな音楽を続け、歌手や役者としても活動してきたリック。チェスター、そして彼と親しかったという歌手のクリス・コーネル(享年52)、ロビンらは帰らぬ人になってしまったが、死を選ぶしかなかった彼らのためにも、リックにはまだまだ現役でショービズ界を盛り上げてもらいたい。

画像は『Rick Springfield 2017年4月17日付Instagram「Rocking in Germany Photo by @florianstangl」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ