最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

野村周平、西野七瀬に選ばれ感無量? モテモテ結果に「いい会見」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優の野村周平が12日、テレビ東京系新土曜ドラマ24『電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~』(13日スタート 毎週土曜24:20~)の記者会見に、西野七瀬、飯豊まりえ、清水尋也、大友花恋とともに登場した。

同作は、漫画家・桂正和の代表作で累計発行部数1,400万部を誇る『電影少女』を初のドラマ化。原作漫画の25年後である2018年が舞台となる。原作の主人公・弄内洋太の甥である高校生・弄内翔(野村)が、叔父の家で見つけた1本のビデオテープを再生すると、封印されていた"ビデオガール・アイ"(西野)が飛び出し、3カ月間の共同生活が始まる。

どのキャラクターがタイプかという質問に、西野は「え~~タイプですか? 翔くんかな。優しい。とにかく優しい人なので」と選択。その言葉を聞いた野村が目を瞑って天を仰いでいると、清水から「翔って言っただけだから! 野村周平とは言ってないからね?」とツッコミが入り、野村は「俺が演じてるから、俺が優しさ出してるんだよ! ほぼ俺が好きと言ってるようなもん」と主張した。

野村は「選べないですよね。みんな好きだし」と迷いつつ、「キャラでいうなら、アイちゃんかな、やっぱり」と西野が演じる"あい"の名前を挙げる。「料理作ってくれて、相談事乗ってくれて、優しいし、天真爛漫だし、ずっといて絶対楽しいじゃないですか」とアイのかわいさを絶賛し、「男の子が理想とするのを、桂さんが漫画にしてるから、本当に理想ですよ。イコール西野七瀬ですけど」と語った。

学園のマドンナ・奈々美役の飯豊は「迷わず翔くんですね。(清水演じる)智章には、傷ついちゃって。クールだし、気持ちが通じない。翔くんは、いろんな人のいいところを見てくれるし、一人一人の良さを見つけてくれる人」と説明する。

清水は「アイちゃんですかね。本当に理想なんですよ」、大友は「翔先輩がいいです。演じてたリカが翔先輩が好きなので、シーンが始まる前に、周平さんのことを見ながら『この人のことが好きだ、この人のことが好きだ』って、自己暗示かけてたところがあって」と、野村演じる翔と、西野演じるアイに票が集まる結果に。野村は「今日は素晴らしい記者会見になったんじゃないでしょうか」と満足そうにしていた。

外部リンク(マイナビニュース)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ニュース最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス