最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

【かんたん山ごはん】正月の残りのおもちが、アッツアツ “ちから鍋”に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始は、おいしいものがいっぱいで幸せですね。なかでも「お正月といえば、おもちは外せない!」という人も多いのでは? 実は、おもちって山ごはんにもぴったり。つまり、お正月の残りのおもちが、山で大活躍なのです。山頂でも、うーんとおいしくいただいちゃいましょう!

主食も汁物も、これひと鍋! 「もち味噌鍋」

【材料】(1人分)
丸もち…4個
水…500ml
味噌鍋の素(市販品)…1袋(200g)
ハクサイ…1/8個
干しゴボウ…10g
天かす・三つ葉…各適量

【作り方】
●山での手順
1.鍋に水と味噌鍋の素を入れ、中火にかける。
1

2.1が沸騰したら、干しゴボウ、食べやすい大きさに切ったハクサイを加えてやわらかくなるまで煮る。
2

3.もちは好みでこんがりと焼いてから加える。
3
4

4.天かすを加え、三つ葉をのせる。
5

「もち味噌鍋」のでき上がり!

6
▲山だからこそ、市販の鍋の素を活用。カノウヒナタさんのお気に入りは“まつやのとり野菜みそ”。味が濃いので、疲れた体にちょうどいいんです。山ごはんは上手に手抜きしちゃいましょう!

7
▲天かすは、はじめに食感を楽しめて、徐々に溶け込んで味に深みを出してくれる優秀食材。シンプルな具材を選んでも、十分に満足度の高い山鍋にしてくれます。

8
野菜や肉など、食材をアレンジしてもおいしいですよ。次回は、薄切りもちで作る「和風もちピザ」(写真左)を作ります。お楽しみに!

※本コーナーで紹介しているレシピは、『ランドネ 2018年2月号 No.96[付録あり]』のp96で掲載しています。ぜひ誌面もご覧ください!

01_4839
●カノウヒナタ(KIPPIS)
アウトドアパーティを主催するKIPPISでフードスタイリストを担当。管理栄養士の資格をもつ。時間を見つけては山に登り、おいしいごはんを作って食べることが喜び。www.kippis.me

(出典:『Share the Mountain』、写真:猪俣慎吾(KIPPIS)、文:長嶺李砂、料理:カノウヒナタ(KIPPIS))

外部リンク(エイ出版社)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス