【東京オートサロン2018】 プレミアムにこだわった「セレナAUTECH」は青いブランドロゴマークにも注目せよ!

clicccar

2018/1/12 14:42


日産ブースには、ニスモをはじめとする多くのカスタムカーが展示されていますが、そのなかでもメインステージでひときわ目立っていたのがこのショーが初披露となった「セレナAUTECH」。

昨年11月、新たなサブブランドとして展開することを発表した「AUTECH」第一弾となるモデルです。

「セレナAUTECH」はセレナをベースに、スポーティでありながら「AUTECH」のブランドテーマとなる『プレミアム感』にこだわり、エレガントに仕立てられた内外装やニスモとはひと味違う、走行性能に仕上げるチューニングが施されています。

とくに目立つのはメタリックシルバーの専用パーツが多用されたエクステリアで、フロントグリル、フロントエアロバンパー、フロントプロテクター、またサイドシルプロテクター、リヤバンパー、リヤプロテクターなどがメタル調フィニッシュ仕上げになっています。

また、ショーに展示されている車両がプロトタイプのため確認はできませんでしたがシートはクリスタルスエード仕様のほか、本革仕様も選択可能となっているのも特徴でしょう。

また走りにこだわりハンドリングや加速感をチューニングした「セレナAUTECH SPORTS SPEC」も設定。17インチの専用ホイールを装着していますが、同じサイズのホイールを装着するセレナNISMOとはタイヤの銘柄を変えて上質な乗り心地を追求しています。

プレスカンファレンスには片桐隆夫オーテックジャパン社長(写真)が登壇し「セレナAUTECHに装着される青色のブランドロゴは、同社発祥の地となる『湘南ブルー』をあしらっています」とコメント。

車両はもちろん、新生オーテック第一弾となるセレナAUTECHについている青いブランドロゴにも注目しましょう!

(テヅカツヨシ)

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス