最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

ジェームズ・フランコも? 女性5人が「セクハラされた」と主張

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『スパイダーマン』『猿の惑星: 創世記』などで知られる人気俳優ジェームズ・フランコ(39)は、高い演技力とルックスに恵まれハリウッド映画界のトップスターに仲間入りを果たした。その一方で勉強が好きな彼は、大学院でも学習。さらに自らが教える立場になるなどして話題になったが、過去にはSNSで“10代少女に大人の誘い”をかけるなどハレンチぶりも露呈した。そんなジェームズに対して、元教え子を含む5人もの女性が「性的な行為を受けた」と主張、物議を醸している。

『ロサンゼルス・タイムズ』によると、俳優ジェームズ・フランコの教え子のうち4人、そしてメンタリングを受けていた1人が「フランコに性的にあってはならぬ行為を受けた」と主張しているという。

彼によるセクハラを告発した女性のうち元教え子のヒラリーさん(Hilary Dusome)は、彼が過去に教えていた「Playhouse West」で学んでいる。ヒラリーさんは『ロサンゼルス・タイムズ』の取材に応じ、2012年に起きた出来事を回顧。ジェームズを高く評価していたヒラリーさんは他の女性達と彼の「アート系映画」に出演することにしたが、あるシーンで「シャツを脱げ」と命じられ拒否したばかりにジェームズは立腹し、セットから出て行ったこともあったそうだ。

「こう思っていたんです。一生懸命頑張ったから選んでもらえたんだ。私にとってはメリットなんだって。でも、後で気づいたんです。良いバストだから選ばれたんだって…。そして私は誤解していたことに気づきました。」

「彼も悪意があって教鞭をとり始めたわけではないと思います。でも堕落して、その過程で多くの人にダメージを与えてしまったのよ。」

また別の女性ナタリーさん(Natalie Chmiel)も、「働きたい。もっとビッグになりたい。そんな私達の熱意を彼は利用したのです」とコメント。「性的なことをする、もしくはシャツを脱ぐなどすれば、役をもらえるかもしれない―彼は全員にそう思わせたのです」といった証言も浮上しているが、ジェームズの代理人は「そういった要求はしていない」と断固として否定した。しかしジェームズの元交際相手も彼の態度を批判、車内で突然オーラルセックスを強要されたなどと明かして物議を醸している。

一方で「ジェームズは大変熱心に教えてくれた」という声もあるのだが、真相は不明のままだ。ただ彼はかつてインスタグラムで出会った10代少女に「部屋を借りようか」などと誘いをかけたこともバレており、後にTV番組にて「とても恥ずかしい」と述べ反省したことも記憶に新しい。

ジェームズ側は突如飛び出した女性達の主張を否定しており、彼のファンからは「なぜ今頃こんな主張を?」という声も少なからずあがっている。ジェームズは先日開催されたゴールデングローブ賞授賞式で、ミュージカル/コメディ部門「男優賞」を獲得したばかりであったが、このようなスキャンダルが飛び出したことで喜びも一気に吹っ飛んだに違いない。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス